出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

動機は「報酬目的」 性風俗店スカウト同大生、起訴内容認め謝罪

違法スカウトの仕組み
違法スカウトの仕組み

 京都市内の大学生らで構成するスカウトグループが女性に高額の借金を負わせ、性風俗店へ紹介を繰り返したとされる事件で、職業安定法違反(有害業務の紹介)の罪に問われた同志社大生の男(21)、別の同志社大生の男(21)両被告の初公判が19日、京都地裁で開かれ、即日結審した。2人は起訴内容を認め、「報酬目的だった」「普通のアルバイトでは経験できないことを学びたかった」などと動機を語った。

 月50万~100万円の報酬を得ていたとされる男は尋問で「結果を褒められたり、もらえるお金の額が多いため続けていた」と話した。女性を風俗店に紹介する役割だったとされる別の男は「厳しい上下関係の中で、礼儀作法を学べた」と供述。被害者に対しては2人とも「申し訳ない」などと謝罪した。

 起訴状によると、グループを主導していたバー経営の男(24)=同罪で公判中=らと共謀して昨年1月と3月、京都市内の21歳と20歳の女性2人を大阪市のデリバリーヘルス(派遣型風俗店)に紹介し、従業員として雇い入れさせた、などとしている。

 検察側は「狡猾(こうかつ)で卑劣な犯行」として懲役2年を求刑、弁護側は罰金刑を求めた。判決は5月29日。

【 2019年04月19日 21時10分 】

ニュース写真

  • 違法スカウトの仕組み
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース