出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

繊細な人型も、ユニークなロボット発表 作り手の祭典京都で

メーカーフェア京都に出展予定の人型ロボット
メーカーフェア京都に出展予定の人型ロボット

 ものづくりの愛好者や技術者たちが自作品を発表する「メーカーフェア京都」が5月4、5の両日、関西文化学術研究都市のけいはんなオープンイノベーションセンター(京都府木津川市、京都府精華町)で初開催される。個人や企業など約200組が参加し、ユニークなロボットや工作のアイデアを披露する。

 作り手による祭典として始まった米国発祥のイベントで、技術専門書などを出版するオライリー・ジャパン(東京)が主催。2012年から東京で開催しており、関西では初めてとなる。

 企業の技術者や学生らが個人とチームで出展し、繊細に動く人型ロボットや音楽演奏ロボット、3Dプリンターやデジタル技術を活用した工作などを展示する。はんだ付けやプログラミング体験など子ども向けのワークショップもある。

 4日正午~午後6時、5日午前10時~午後5時。入場料が必要。

【 2019年04月20日 13時24分 】

ニュース写真

  • メーカーフェア京都に出展予定の人型ロボット
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース