出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

統一選後半戦21日投開票 滋賀では豊郷町長選と4市議選など

投票所を設営する市職員ら(近江八幡市土田町・市総合福祉センターひまわり館)
投票所を設営する市職員ら(近江八幡市土田町・市総合福祉センターひまわり館)

 統一地方選後半戦の市町村長選と市町村議選、東京特別区の区長選と区議選が21日、投開票される。投票は午後8時までに締め切られ、一部を除いて22日未明には大勢が判明する見通し。

 滋賀県では豊郷町長選、大津、彦根、近江八幡、栗東の4市議選、日野町議選、豊郷町議補選の投開票がある。投票時間は一部地域を除き午前7時から午後8時まで。

 各市町の選挙管理委員会によると、20日午後8時までの期日前投票者数はいずれも前回2015年の実績を上回った。豊郷町長選では887人(前回比12人増)が投票を済ませた。大津市議選は2万4366人(同5519人増)、彦根市議選は1万1061人、近江八幡市議選は1万2080人、栗東市議選は3831人、日野町議選は1904人、豊郷町議補選は887人。

 4市2町では20日、投票所の設営が行われた。近江八幡市土田町の市総合福祉センターひまわり館では、市職員らが作業し、有権者が候補者名を書く記載台を組み立て、投票箱を置いた。

【 2019年04月20日 22時50分 】

ニュース写真

  • 投票所を設営する市職員ら(近江八幡市土田町・市総合福祉センターひまわり館)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース