出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

通学路の交通違反、1万件超摘発
全国で一斉取り締まり

 春の全国交通安全運動(11~20日)に合わせ、全国の警察は16日、通学路約3千路線の一斉取り締まりを実施し、道交法違反容疑などで1万360件を摘発した。逮捕者は3人だった。警察庁が同日発表した。

 摘発の内訳は通行禁止が5685件(54・9%)で最多。次いで最高速度違反1798件(17・4%)、シートベルト装着義務違反779件(7・5%)と続いた。酒気帯び運転は2件だった。

 道交法違反容疑での逮捕は神奈川県警と埼玉県警が各1件で、いずれも最高速度違反の疑い。このほか、千葉県警が検問中にフィリピン人の男の不法残留が判明し、入管難民法違反容疑で逮捕した。

【 2019年05月16日 17時46分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース