出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

図書館の本廃棄、4カ所目発見 側溝や山林、京都で800冊超に

道路の側溝に投棄されていた図書(木津川市山城町)=同市教委提供
道路の側溝に投棄されていた図書(木津川市山城町)=同市教委提供

 京都府宇治市や木津川市で図書館の蔵書とみられる本が大量に投棄されていた問題で、木津川市教育委員会は16日、別の場所で新たに84冊が見つかったと発表した。さらに京都府宇治田原町の山林でも、同日までに約200冊が捨てられていることが分かった。府南部での図書の投棄は計4カ所で、合わせて800冊を超えた。

 木津川市教委などによると、新たな投棄が見つかったのは同市山城町の市道側溝。同日午前、市内の男性から「図書が投棄されている」と通報があった。同町椿井から神童子にかけて1キロ範囲内の4カ所で、15~30冊程度ずつ捨てられていた。同市や宇治市、京田辺市などの図書館のラベルが貼られたものがあったが、ひもで束ねられてはいなかった。見つけた男性は、「4、5日前からあった」と話しているという。

 宇治田原町の約200冊は、同町禅定寺の林道脇の山林で見つかった。同町教委などによると、町民からの連絡で8日に把握した。同町立図書館のものは確認できず、近隣図書館の図書とみられるという。宇治市や最初の木津川市の投棄と同様に十数冊ずつ赤いひもで束ねられており、田辺署が保管している。

 これまでに宇治市では218冊、木津川市でも338冊が捨てられているのが見つかっており、少なくとも10自治体の図書館の本と分かっている。

【 2019年05月16日 19時02分 】

ニュース写真

  • 道路の側溝に投棄されていた図書(木津川市山城町)=同市教委提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース