出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

電車内で痴漢、巡査部長に懲戒処分「性的欲求満たすためだった」

京都府警本部
京都府警本部

 電車内で痴漢をしたとして、京都府警監察官室が、東山署の50代の男性巡査部長を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にしていたことが17日、分かった。処分は4月25日付で、巡査部長は同日、依願退職した。

 府警によると、巡査部長は3月19日朝、大阪市のJR大阪環状線の電車内で、女性の体を触っているのを大阪府警の警察官に見つかり、事情聴取を受けた。女性が現場から立ち去り、被害届も出されなかったため、立件されなかったという。

 事件当日、巡査部長は非番で、内部調査に「性的欲求を満たすためだった」と痴漢行為を認めたという。府警監察官室は「信頼確保に努める」としている。

【 2019年05月17日 18時26分 】

ニュース写真

  • 京都府警本部
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース