出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

性風俗店を賃貸マンションで、京都で増加 経営の女を容疑で逮捕

京都府警本部
京都府警本部

 京都市内の賃貸マンションの一室で性風俗店を営業したとして、京都府警生活保安課と右京署は18日までに、風営法違反(無届け、禁止区域内営業)の疑いで、マッサージ店「康楽」経営者(37)=右京区西院=ら女2人を逮捕した。

 京都市内では近年、市営地下鉄四条駅や阪急西院駅など主要駅近くのマンションの部屋を借り上げ、エステ店やマッサージ店と称して性的サービスをする違法店舗が増加。発覚を免れるために看板を掲げず、インターネットを通じて客を募る店が多く、府警が監視を強めていた。

 2人の逮捕容疑は共謀し、昨年12月~今年4月、府公安委員会に届け出ず、風俗店の営業禁止区域にある女の自宅マンション兼店舗で、男性客2人に性的サービスをした疑い。

 府警によると、女らは約3年前からマンションの一室を賃貸。情報サイトに広告掲載し、予約制で営業していた。女は「私は店を辞めた」と容疑を否認しているという。

【 2019年05月18日 17時14分 】

ニュース写真

  • 京都府警本部
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース