出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

園児の交通安全確保、国に財政支援を要望 滋賀・三日月知事

上野財務副大臣(左)に交通安全対策への予算確保を求める三日月滋賀県知事=東京都千代田区・財務省
上野財務副大臣(左)に交通安全対策への予算確保を求める三日月滋賀県知事=東京都千代田区・財務省

 大津市大萱6丁目で保育園児らの列に車が突っ込み園児ら16人が死傷した事故を受け、滋賀県の三日月大造知事は21日、財務省などを訪れて園児の交通安全確保に向けた対策に財政的な支援を求める緊急要望を行った。

 県は現在、今月末の完了を目指して交通量が多い県管理道路の交差点約600カ所の安全点検を進めている。緊急要望では、安全点検の終了後に進める交差点改良などへの財政支援のほか、園児が通園や散歩などで使う経路の安全対策に必要な予算確保も求めた。

 財務省で上野賢一郎副大臣に安全点検の状況などを説明した三日月知事は「点検後、必要と判断されたハード整備は本年度の対策としてやりたい」と強調した。要望後、三日月知事は「県全体で交通ルールやマナーを守る機運を高めることと合わせてハード対策にも取り組みたい」と述べた。

 22日も、来年度の予算編成に向けた中央省庁への政策提案に合わせて国土交通省などへ要望する。

【 2019年05月21日 18時05分 】

ニュース写真

  • 上野財務副大臣(左)に交通安全対策への予算確保を求める三日月滋賀県知事=東京都千代田区・財務省
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース