出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀・甲賀市の白票水増し、前市総務部長に1年2月求刑 大津地裁

大津地裁
大津地裁

 滋賀県甲賀市選挙管理委員会の幹部職員らが2017年10月の衆院選滋賀4区の開票作業で白票を水増しした事件で、公選法違反(投票増減など)の罪に問われた市選管元事務局長で市前総務部長(58)と、同元書記で前総務部次長(57)=ともに懲戒免職=の初公判が22日、大津地裁(横井裕美裁判官)で開かれた。両被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は前総務部長に懲役1年2月、総務部次長に懲役1年を求刑、弁護側は猶予判決など刑の減軽を求め、結審した。

 検察側は冒頭陳述で、投票総数より開票数が400票不足していることのつじつまを合わせるため、開票作業中に前総務部長が白票で埋めることを示唆し、前総務部次長が白票を混入した、と指摘。論告で「選挙の公正が害された程度は大きく悪質」と非難した。

 被告人質問で前総務部長は、職員に未開封の投票箱を最後まで探させる指示を出せなかったのかと問われ、「できたと思うが、強い意志で責任感を持って臨むことができず、情けない」と述べた。

 起訴状によると、両被告は共謀し、17年10月22日、甲賀市甲南情報交流センターで衆院選の開票作業中、投票総数と投票者数の食い違いのつじつまを合わせるため、白票約400票を水増しした上、翌23日に見つかった未集計の投票済み投票用紙約400票を廃棄しようと画策。前総務課長と共謀し、未集計の投票用紙を持ち帰った、としている。

【 2019年05月22日 12時55分 】

ニュース写真

  • 大津地裁
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース