出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ケアマネが印鑑無断作成「忘れた際に備えて」10年で114人分

 京都府八幡市社会福祉協議会のケアマネジャーが、介護サービス利用者114人分の印鑑を無断で作り、本人や家族の許可無く使用していたことが23日、分かった。市は利用者への確認が不適切として調査、市の聞き取りに対しケアマネ4人は「印鑑をもらい忘れた際に備えて作っていた」と話しているという。

 市社協によると10年ほど前からこうした運用が行われており、その期間に利用者本人や家族に許可無く作成された印鑑114人分(119本)を確認。うち93人分(97本)が使用されていた。

 介護保険法に基づく省令では、月1回、ケアマネが利用者らに介護サービスの内容や日時、保険料などを示した計画書を提示し、同意の証明として押印してもらう必要がある。

 市の聞き取りに対し、ケアマネは「押印してもらうのを忘れた際に無断作成した印鑑を押していた。認知症の利用者の場合、再訪問すると混乱させてしまうことがある」などと説明しているという。

 4月下旬に市への情報提供で発覚。市社協の和田康弘事務局長は「事務局として、こうした運用がされていたことは知らなかった。印鑑を無断作成された利用者や家族に謝罪し、再発防止を徹底する」と話した。

【 2019年05月23日 11時56分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース