出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

連続青酸殺人事件、筧被告の控訴棄却 一審の死刑支持、大阪高裁

筧千佐子被告
筧千佐子被告

 京都府向日市を含む近畿地方の高齢男性4人に青酸化合物を飲ませたとされる連続殺人事件で、殺人罪と強盗殺人未遂罪に問われた筧千佐子被告(72)の控訴審判決が24日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は、死刑とした一審京都地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。弁護側は、一審に続き無罪を主張していた。

 筧被告は一審の判決以来、約1年半ぶりに法廷に姿を見せ、主文と判決理由を述べる裁判長をまっすぐ見つめていた。

 争点は、認知症による責任能力や訴訟能力の有無▽死因▽供述の信用性-など。2017年11月の京都地裁判決は、犯行時には認知症にかかっていなかったとして被告の完全責任能力を認定し、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 3月の控訴審初公判で弁護側は、一審判決で「軽症」とされた認知症の鑑定は信用性が低いとして、専門医による新たな精神鑑定の実施を求めた。その上で、「認知症は一層進行し、既に訴訟能力を失っている」として公判の停止を求めた。一方、検察側は請求棄却を求めた。樋口裁判長は弁護側の請求を却下。実質的な審理は行われず、即日結審していた。

 判決によると、遺産取得や借金返済を免れるため、07~13年、夫の筧勇夫さん=当時(75)、向日市=ら男性3人に青酸化合物を飲ませて殺害し、神戸市の知人男性1人も青酸化合物で殺害しようとした。

【 2019年05月24日 11時48分 】

ニュース写真

  • 筧千佐子被告
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース