出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

冬のシドニーで光の祭典
観光名所をライトアップ

 ライトアップされたオペラハウス=24日、オーストラリア・シドニー(ゲッティ=共同)
 ライトアップされたオペラハウス=24日、オーストラリア・シドニー(ゲッティ=共同)

 【シドニー共同】オーストラリアの最大都市シドニーで24日夕、オペラハウスやハーバーブリッジなど観光名所がライトアップされ、コンサートなども繰り広げられるイベント「ビビッド・シドニー」が始まった。

 南半球のシドニーに冬の訪れを告げる「光と音の祭典」で、今年で11回目。6月15日までの毎日、日暮れとともにシドニーの街が華やかに彩られる。昨年は期間中、約225万人が見物に訪れた。

 世界遺産のオペラハウスは、ヨットが帆を広げたような屋根全体がキャンバスに見立てられ、立体的なプロジェクションマッピングの映像が映し出された。

【 2019年05月24日 19時01分 】

ニュース写真

  •  ライトアップされたオペラハウス=24日、オーストラリア・シドニー(ゲッティ=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース