出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

認知症、予防重視の大綱案に懸念
団体が声明「偏見を助長」

 認知症の当事者らを支援する「認知症の人と家族の会」は1日、本部のある京都市で総会を開催。共生の他に、予防も柱に据えた政府の認知症大綱案に「予防重視が強調され、偏見を助長する」と懸念を示す声明を確認した。総会には、全国から当事者や家族ら約280人が集まった。

 声明文は同会のホームページに掲載する。

 政府が6月に新たに策定する大綱には「70代の発症を10年間で1歳遅らせる」とする予防の数値目標を盛り込む予定。声明では「認知症の人を減らす数値目標は、(予防の取り組みを怠ったという)自己責任論に結びつきかねない」と疑問を呈している。

【 2019年06月01日 22時51分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース