出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国民京都府連が立民新人の支持決定 今夏の参院選京都選挙区

 夏の参院選京都選挙区(改選数2)に向け、国民民主党京都府連は9日の常任幹事会で、立憲民主党が擁立する新人の性的少数者コンサルティング会社社長、増原裕子氏(41)の支持を決めた。党本部に申請する。

 国民府連によると、具体的な支援内容は今後、立民府連から要請を受けた後、協議するという。

 京都選挙区では国民府連も新人候補の擁立を決めていたが、増原氏に一本化するために取り下げた。今月5日に立民の福山哲郎府連会長が国民の前原誠司府連会長に支持を求めていた。

【 2019年06月10日 18時38分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース