出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

7歳女児と母を次々刺し重傷、加害女に4200万円賠償命令 

大津地裁(大津市)
大津地裁(大津市)

 滋賀県長浜市の量販店で2017年、買い物中の女児と母親が相次いで刺され重傷を負った事件で、被害者の母娘が加害者の女に慰謝料や治療費など損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、大津地裁であった。西岡繁靖裁判長は請求通り、女に約4200万円の支払いを命じた。

 西岡裁判長は判決理由で、被告側が第1回口頭弁論に出廷せず、答弁書も提出しなかったとし、「請求原因事実を争わず自白したとみなした」と述べた。この日も被告側は出廷しなかった。

 判決によると、女は17年4月16日夜、長浜市の量販店で、女児=当時(7)=の腹部を果物ナイフで突き刺し、助けようとした母親の下腹部も刺して2人を殺害しようとした。

 母娘は同時に、事件前に問題行動を起こして入院した女に適切な治療を受けさせないまま退院させたなどとして、主治医ら病院側にも損害賠償を求めた。第1回口頭弁論で病院側は請求棄却を求め争う姿勢を示したため、訴訟が分離された。

【 2019年06月11日 19時27分 】

ニュース写真

  • 大津地裁(大津市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース