出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

性犯罪被害の早期把握を要請
自民議連が提言

 自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」は13日、東京都内で総会を開いた。父による娘への性的虐待を無罪とした名古屋地裁岡崎支部の判決などをきっかけに、性犯罪を厳罰化した改正刑法のさらなる見直しを求める声が出ているとして、政府に対し、被害実態把握調査の早期取りまとめを求める緊急提言を採択した。

 会長の上川陽子前法相は「性暴力は人権問題の一番コアな部分に関わる。性暴力のない社会の実現に向けて活動していきたい」と話した。

 提言では、全国各地に置かれた被害者のためのワンストップ支援センターの24時間運営といった支援強化を要請した。

【 2019年06月13日 18時36分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース