出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

落雷相次ぎ停電やガス管破損発生 京都府内、一時大雨警報も

 発達した低気圧の影響で、15日午後4時ごろから同5時すぎにかけて京都府内各地で落雷が相次ぎ、一部の地域で停電があった。大雨で交通機関への影響も出た。

 京都市左京区下鴨泉川町や芝本町などでは午後4時35分ごろから約340世帯が最長で約2時間20分、停電した。

 山科区では午後5時半すぎ、民家敷地内のガス管が破損した。市消防局によると、民家から119番があり、火はすぐ消えたが、ガス管の一部に落雷の影響とみられる破損跡があった。

 JR福知山線は午後4時35分ごろ、兵庫県内で雨量計が規制値に達し、下滝―柏原間で列車の速度を落として運転した。JR西日本福知山支社によると、上下4本を運休、上下6本が最大48分遅れ、約900人に影響した。

 福知山市は大雨警報の発表を受け、午後3時半に災害警戒本部を立ち上げ、午後6時半に広域避難所13カ所を開設。3人が自主避難した。

【 2019年06月15日 18時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース