出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パンダ永明に「父の日」、和歌山
雪だるまとニンジンで感謝

 父の日に雪だるまをプレゼントされたジャイアントパンダ「永明」=16日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
 父の日に雪だるまをプレゼントされたジャイアントパンダ「永明」=16日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は父の日の16日、15頭のジャイアントパンダの親である雄の「永明」(26歳)に、子どものパンダをイメージした雪だるまと、バラをかたどった特製のニンジンをプレゼントした。

 屋外運動場に出てきた永明は、ニンジンをおいしそうに食べたり、雪だるまをかじったりした。兵庫県伊丹市から来た小学4年大石悠乃さん(10)と妹の小学2年結莉乃さん(7)は「お父さんパンダは思っていたよりずっと大きかった」と声を弾ませた。

 同施設によると、永明は1994年に中国から来園。人間だと70代後半に相当する。

【 2019年06月16日 11時01分 】

ニュース写真

  •  父の日に雪だるまをプレゼントされたジャイアントパンダ「永明」=16日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース