出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

机片付け5歳園児が指骨折、教諭の安全配慮不足で620万円賠償

草津市役所(草津市)
草津市役所(草津市)

 滋賀県草津市立幼稚園で教諭による安全配慮が欠けた中で園児らに机を片付けさせ、1人に重傷を負わせたとして、草津市は18日、園児家族に損害賠償620万円を支払うと発表した。市議会6月定例会に議決を求める議案を追加提案する。

 市幼児課によると、2017年1月25日、玉川幼稚園(野路9丁目)の年長クラスで担任教諭が園児らに昼食で使った折りたたみ式机4台の片付けを指示。園児4人で机の脚をたたんだ際、女児=当時(5)=が左手薬指を木製の天板と金属製の脚の間に挟み、指先を骨折した。担任教諭は室内で別の園児らと関わっており、見ていなかったという。

 同課は「子どもだけでさせたことが問題で、安全への配慮が不足していた」としている。女児の家族とは今月示談が成立したという。

【 2019年06月18日 21時14分 】

ニュース写真

  • 草津市役所(草津市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース