出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

経済界、参院選で要望
「安保含めた大きな政策論を」

 日本商工会議所の三村明夫会頭は4日の定例記者会見で、同日公示の参院選に関し「(激動する国際情勢に)日本がどのように動くべきか、安全保障の在り方を含めた大きな政策を論点にすべきだ」と述べた。

 三村氏は「今日の安心はなんとかアベノミクスで達成できたが、明日の安心は確保されていない」とした。

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事はコメントを出し、「財政再建や社会保障などについては、痛みを伴う改革が必要だ」と指摘した。

 病気療養中の経団連の中西宏明会長は「参院選を通じた政権基盤の強化を期待する」とのコメントを公表した。

【 2019年07月04日 18時51分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース