出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

とんち封印? 一休像にたすき 何と説く投票と「休まず」

参院選に合わせてお目見えした一休像のたすき(京都府京田辺市・新田辺駅前)
参院選に合わせてお目見えした一休像のたすき(京都府京田辺市・新田辺駅前)

 参院選が公示された4日、京田辺市内にある一休像に、投票を呼び掛けるたすきがお目見えした。選挙のたびに見られる光景で、今や同市の風物詩。得意の頓知は封印し、「投票してから一休み」と直球勝負で通行人にアピールしている。

 たすきは、市選挙管理委員会が1998年の府知事選から毎回掛けている。同市で晩年を過ごした一休宗純にちなんで市内5カ所にある一休像のうち、近鉄新田辺とJR松井山手、京田辺の各駅前にある3カ所に掛けた。

 たすきの後ろ側の呼び掛けは「一票を休まないでさんかしよう」とひねりにひねった。市選管は「たすきを見て『もう選挙の季節やね』と話す声も聞く。一休さんが投票率アップに貢献してくれれば」と期待を込める。

【 2019年07月05日 11時26分 】

ニュース写真

  • 参院選に合わせてお目見えした一休像のたすき(京都府京田辺市・新田辺駅前)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース