出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

観光名所の京都の竹林でタケノコの皮剥がす被害 成長止まる竹も

中央の竹は、タケノコの時に皮が剝がされ、枯れてしまった。両側は無事に青竹として成長した(京都市右京区・竹林の散策路)
中央の竹は、タケノコの時に皮が剝がされ、枯れてしまった。両側は無事に青竹として成長した(京都市右京区・竹林の散策路)

 京都市右京区嵯峨の「竹林の散策路」で、タケノコの皮が剝がされて枯れるなどする被害が発生し、管理業者は禁止を呼び掛ける看板を6月に設置した。世界各国の訪日客から「バンブーゾーン」と知られ、昨春にも竹にアルファベットや漢字で落書きされているのが見つかったばかり。昨年の台風や豪雨被害から青々とした竹林への成長と再生を妨げかねないことを現場で維持管理する人たちは危惧する。

 「竹の子に触らないで!」と禁止マークを掲げた看板には、世界に誇る竹林の管理に協力を訴える趣旨の文が英語でも表記されている。そばには皮が剝がれて成長が止まった竹がある。

 散策路では毎年5月末から6月上旬、タケノコが出て、1カ月超で18~20メートルの青竹に成長する。嵐山などで人力車を走らせ、市から散策路の管理業務を受託している「えびす屋総本店」などによると、訪日客が増加したこの数年、毎年のように、タケノコの皮が剝がされて枯れたり、青竹が折られたりする被害が後を絶たないという。

 竹林は、青竹の成長後に古い竹を伐採することで、青々とした姿を維持している。特に昨夏は、豪雨や台風で多くの竹が折れてしまったため、青竹の成長が欠かせない。今年は例年より多くタケノコが200~300本生えた。保護のため成長期の約1カ月のみ立ち入り禁止にすることも検討したが、人気スポットのため開放は継続している。代わりに触らないよう呼び掛ける看板を多く設置したという。

 担当者は「竹の本数が足りず、落書きされた竹もまだ伐採できていない。観光客に注意を促しながら、美しい竹林を守っていきたい」と話している。

 散策路は、観光名所の「竹林の小径(こみち)」に近い市有地で、古都保存法に基づいて整備し、2015年から日中に開放している。

【 2019年07月09日 10時30分 】

ニュース写真

  • 中央の竹は、タケノコの時に皮が剝がされ、枯れてしまった。両側は無事に青竹として成長した(京都市右京区・竹林の散策路)
  • 竹に落書きされる被害もあった(2018年5月)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース