出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京アニ放火事件、死者34人に 大半の犠牲者は一酸化炭素中毒

捜査本部の設置について会見する京都府警の西山捜査1課長(右)と得田伏見署長=19日午後4時59分、京都市伏見区・伏見署
捜査本部の設置について会見する京都府警の西山捜査1課長(右)と得田伏見署長=19日午後4時59分、京都市伏見区・伏見署

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」の第1スタジオが放火され、従業員ら男女33人が死亡、35人が重軽傷を負った事件で、京都府警捜査1課と伏見署は19日、記者会見し、ガソリンをまいて火を付けたとみられる男(41)は青葉真司容疑者と公表した。入院先で重篤な状態が続く青葉容疑者の回復を待ち、殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕する方針。また府警は19日夜、新たに30代とみられる男性1人が搬送先の病院で死亡したと発表した。死者は計34人になった。

 また、会見後の取材に対し、身元が特定できた被害者から速やかに公表するとした。大半の犠牲者の死因は一酸化炭素中毒とみられ、焼損の激しい遺体については司法解剖して死因の特定を進める。

 府警捜査1課と伏見署は同日、府警察学校(伏見区)に100人態勢の捜査本部を設置した。

【 2019年07月19日 23時16分 】

ニュース写真

  • 捜査本部の設置について会見する京都府警の西山捜査1課長(右)と得田伏見署長=19日午後4時59分、京都市伏見区・伏見署
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース