出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

異例づくめの犠牲者名公表、京都府警が直面したこと 京アニ放火

京都アニメーション火災現場で犠牲者の冥福を祈る人たち(7月27日、京都市伏見区)
京都アニメーション火災現場で犠牲者の冥福を祈る人たち(7月27日、京都市伏見区)

 事件発生から2週間が経過し、京都府警捜査本部が2日、「京都アニメーション」第1スタジオ放火殺人事件の犠牲者の氏名を公表した。殺人事件としてはきわめて異例なかたちの公表となった。男女35人が死亡した惨事で、府警が発表したのは10人。残る犠牲者25人の氏名を京都府警はDNA鑑定などで特定しているものの、遺族との公表などを巡る調整を踏まえ、見送ったとみられる。

 約70人がいた火災現場から次々に京アニの社員が救急搬送され、当初は安否情報が錯綜する中で、京都府警は、遺族らの心情に配慮しながら、DNA鑑定への協力を求めるなどし、犠牲者の身元の公表時期や方法について、慎重に検討してきた。事件発生から1週間近く経ってからようやく、その時点で亡くなっていた34人の身元の特定に至ったこと自体、異例のケースだ。

 8月2日の氏名公表にあたり、京都府警は氏名公表について遺族側に意向聴取を続けていることなども踏まえたとみられる。京都府警は火災直後から、不明者家族の宿泊先を紹介したり付き添うなど、被害者家族支援に取り組んできた。

 府警は精神的ショックの大きい遺族の心情に配慮し、犠牲者の氏名をいつ、どのような形で公表するか検討を重ねてきた。当初は「身元が判明次第、公表する」との方針を示していたが、京アニ側が7月22日に「(犠牲者の)実名が発表、報道された場合、被害者や遺族のプライバシーが侵害される」として匿名での発表を要請したこともあり、従来なら速やかに行う氏名公表を例外的に控えてきた。

 この間、府警職員が遺族と面会したり、連絡を取り合ったりして、氏名公表に際しての意向を確認。幹部職員を招集して対応を協議するなどし、了承を得られるなどした一部の犠牲者から順次、氏名を公表する方向で話を進めてきた。

【 2019年08月02日 15時00分 】

ニュース写真

  • 京都アニメーション火災現場で犠牲者の冥福を祈る人たち(7月27日、京都市伏見区)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース