出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京アニ事件受け作品の特集上映 エンドロールに犠牲者の名前も

京アニ作品の特集上映を告知するポスターに見入るファン(23日午後6時37分、京都市中京区・MOVIX京都)
京アニ作品の特集上映を告知するポスターに見入るファン(23日午後6時37分、京都市中京区・MOVIX京都)

 京都アニメーション放火殺人事件を受け、京都市中京区の映画館「MOVIX京都」で23日、同社が製作した映画の特集上映が始まり、第1弾として「けいおん!」(2011年公開)が上映された。躍動感あふれる描写を多くのファンが楽しみ、犠牲者の名前が記された製作陣のエンドロールに涙を流した。

 会場は300人余りの観客で満杯に。上映が始まると、ハンカチで目頭を押さえる人もいた。事件で亡くなった木上益治さん(61)、西屋太志さん(37)らの名前がエンドロールで流れると、ファンはすすり泣き、上映が終わると会場は拍手が静かに広がった。

 八幡市の会社員関原雅人さん(27)は「公開後、5回ほど鑑賞した。京アニを応援しようと来ました」、伏見区の大学2年木下祐希さん(21)は「京アニ作品で一番好き。(亡くなった人の名前を)エンドロールで見つけたとき、作品に巡り合わせてくれてありがとうと感謝した」と語った。

 京アニ作品を改めて見たいとの要望が多く寄せられたことから、既に劇場公開された全18作品を週替わりで年末まで特集上映する。「けいおん!」は29日まで。館内には京アニ支援の募金箱を置いている。

【 2019年08月24日 20時53分 】

ニュース写真

  • 京アニ作品の特集上映を告知するポスターに見入るファン(23日午後6時37分、京都市中京区・MOVIX京都)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース