出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「詐欺に使われ口座を凍結」警官名乗る男にカードだまし取られる

南丹署
南丹署

 京都府警南丹署は8日、南丹市の女性(76)が警察官を名乗る男らにキャッシュカード6枚をだまし取られ、計約300万円を引き出されたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、6日午前10時半ごろ、女性宅に警察官を名乗る男から「あなたの通帳が詐欺に使われ、口座を凍結した」と電話があった。約2時間後、南丹署員を名乗る男が自宅を訪れ、女性にカードを封筒に入れて印鑑で封をするよう指示。女性が印鑑を取りに部屋へ戻った際に他のカード6枚が入った封筒にすり替えられ、カードを盗まれたという。

【 2019年09月09日 18時11分 】

ニュース写真

  • 南丹署
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース