出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京アニ放火殺人、京都府議会で黙とう 知事「今後も寄り添う」

京都府庁
京都府庁

 京都府議会9月定例会が11日、開会した。10月からの消費税増税対策費を含む計7億2600万円を追加する一般会計補正予算案など24議案を提案した。

 本会議冒頭、京都アニメーション放火殺人事件を受けて田中英夫議長が「多くの感動的な作品を生み出し続けた才能あふれるクリエーターの無念や、傷を負い戦っている方々を思うと、胸が締め付けられる」と述べ、議員と理事者が黙とうした。西脇隆俊知事は事件の被害者・遺族のための義援金口座を開設したことを説明し、「今後も関係者に寄り添い、必要な支援ができるようにしていきたい」と議会に協力を求めた。

 補正予算案では、消費税増税に備え、経営改善に向けた機材導入補助の拡充や、商店街の売り出し支援の経費などを計上。幼児教育・保育無償化に合わせて創設する給食副食費助成の費用も盛り込んだ。

 会期は11月6日まで。代表質問は9月17、18日、一般質問は19、20日に行う。

【 2019年09月11日 18時41分 】

ニュース写真

  • 京都府庁
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース