出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月3日(水)

スワンナプーム国際空港のMiracle First Class Loungeが空港ラウンジ賞に

スワンナプーム国際空港のMiracle First Class Loungeがプライオリティ・パスアジア太平洋地域の空港ラウンジ賞に

AsiaNet 78027 (0493)


【東京2019年4月3日PR Newswire=共同通信JBN】独自で、市場をリードする空港での優待プログラムであるプライオリティ・パス(https://www.collinsongroup.com/enrich/priority-pass )(TM)は、Global Airport Lounge of the Year Awardsの受賞者を発表した。タイ・スワンナプーム国際空港のMiracle First Class LoungeがAsia Pacific Airport Lounge of the Year(2018年最優秀アジア太平洋地域空港ラウンジ)に選ばれた。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190326/2414180-1
Airport Lounge of the Year 2018のアジア太平洋地域の受賞者であるMiracle First Class Lounge

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180612/2160916-1LOGO

14年目を迎えた同賞は、5万2000のプライオリティ・パス会員による評価に基づいており、最高のサービス、エクスペリエンス、リフレッシュメント、ビジネス施設を提供する空港ラウンジを表彰している。ラウンジネットワークの拡大を続けるプライオリティ・パスのラウンジ・ポートフォリオは昨年10%拡大し、現在、世界143カ国の500以上の都市に1200を超えるラウンジを擁している。

バンコクのスワンナプーム国際空港の国際線コンコースDにあるMiracle First Class Loungeは、タイの趣を添えたモダンな現代美でデザインされ、ゆったりとしたレイアウトの中にアートワークとスタイリッシュで心地よい家具が配置されている。オープンキッチンはゲストにとってのライブアトラクションであり、提供される食事が魅力的に陳列されている。乗客を常に満足させるため、Miracleはランチやディナーをはじめ祝日にはスペシャルメニューに温かい食事など、新たに料理された料理を24時間いつも提供している。このラウンジは真に顧客の立場になって考え、心のこもった旅行エクスペリエンスを提供している。

Miracle社長のアスウィン・イングカクル博士は「今年のGlobal Airport Lounge of the Year Awardsのアジア太平洋地域の受賞者に選ばれたことは光栄である。われわれは、タイを経由、出発する人を含め、ラウンジを来訪するすべての人を温かく迎え入れることに努めている。われわれのホストは、旅客の旅の空港エクスペリエンス全体を向上させる気配りが行き届いたサービスを提供する。われわれは当社のサービスおよび施設全体における配慮をサポートする顧客評価に常に耳を傾けることによって、さらに優れたものにしていく努力をする」と語った。

アジア太平洋地域で次点となったシンガポール・チャンギ空港ターミナル3にあるSATS Premier Loungeは「Highly Commended」賞を獲得した。このラウンジは豊富な自然光が天井高のウインドーから射し込むようにオープンなコンセプトデザインを特徴としており、エアサイドに駐機する航空機の素晴らしい眺めを提供する。もう1つの特筆すべきことは、頻繁に訪問する旅行客に対し面白いエクスペリエンスを提供する厳選されたアクティビティーやイベントを毎月開催することである。過去のイベントには、サマーホリデーにアイスクリームのおもてなしや、団子フェスティバルなどがあり、旅行客は蓮の花に包まれた出来立てのおもちを賞味することができた。

プライオリティ・パスを運営するコリンソン(Collinson)(https://www.collinsongroup.com/ )のアジア太平洋担当プレジデントであるトッド・ハンドコック氏は「われわれの会員がアジア太平洋地域全体の受賞者にタイ・スワンナプーム国際空港のMiracle First Class Loungeを投票したことをうれしく思う。これは、サービスエクセレンスおよび高水準の顧客満足度の一貫した提供に対するこのラウンジのコミットメントを実証するものである。世界最大の独立した空港エクスペリエンス・プログラムとして、われわれは世界およびアジア太平洋地域のラウンジ・パートナーと緊密に協力して旅行エクスペリエンスを向上させ、ビジネスおよびレジャー旅行者のニーズと高まる期待に応える」と語った。

今年の受賞者は以下の通り。

*グローバル:エクアドルのキト国際空港にあるSala VIP International(https://www.prioritypass.com/en/lounges/ecuador/quito-intl/uio-salon-mitad-del-mundo

*アジア太平洋:タイのバンコク・スワンナプーム国際空港、国際線コンコースDにあるMiracle First Class Lounge(https://www.prioritypass.com/en/lounges/thailand/bangkok-suvarnabhumi-intl/bkk10-miracle-first-class-lounge

*欧州:ラトビアのリガ国際空港ターミナルEにあるPrimeclass Riga Business Lounge (https://www.prioritypass.com/en/lounges/latvia/riga-intl/rix3-primeclass-business-lounge

*アフリカ・中東:アラブ首長国連邦のドバイ国際空港コンコースB、ターミナル3にあるAhlan Lounge at B(https://www.prioritypass.com/en/lounges/united-arab-emirates/dubai-international/dxb6-lounge-at-b

*北米:メキシコ・メキシコシティーのベニート・フアレス国際空港の国際ターミナル1にあるLounge 19(https://www.prioritypass.com/en/lounges/mexico/mexico-city-benito-juarez-intl/mex15-5th-avenue-lounge

受賞者の全リストは以下のウェブサイトを参照。
https://www.prioritypass.com/press/2019/priority-pass-reveals-winners-of-global-airport-lounge-of-the-year-awards

▽プライオリティ・パス(Priority Pass)について

プライオリティ・パス(https://www.collinsongroup.com/enrich/priority-pass )は独自で、市場をリードする空港での優待プログラムである。このプログラムは頻繁に航空機を利用する見識ある旅行者に対し、143カ国500を超える都市における1200以上の空港エクスペリエンスへのアクセスを提供している。これには、ラウンジ、ならびにラウンジと同様の方法でアクセスが可能な、空港での食事、買い物およびスパの優待が含まれ、その数は、世界中で拡大を続けている。iOSおよびAndroid向けのプライオリティ・パス・アプリは、会員に、プライオリティ・パスが利用できる施設を迅速・容易に見つけることを可能にし、また即座に各自の会員資格と特典の内容を確認できると同時に、デジタル会員証(Digital Membership Card)を利用することで、ラウンジへの入室が可能である。

プライオリティ・パスは、世界的なロイヤルティーおよび特典の提供企業であるコリンソン(https://www.collinsongroup.com/ )によって運営されている。コリンソンは、より深く、より価値のある顧客関係を獲得できるバリュープロポジションとロイヤルティー・ソリューションを差別化する優れた旅行、保険、アシスタンス商品を提供している。コリンソンは30年以上にわたり、世界有数の決済ネットワーク、600を超す銀行、90を超す航空会社、20以上のホテルグループに選ばれ、競争上の優位性を確立する顧客エクスペリエンスを生み出してきた。これによって、最も収益性が高いものの要求が最も厳しい顧客を獲得し、関係性を築き、囲い込むことが可能になる。

詳細はウェブサイトwww.prioritypass.com を参照。

ソース:Priority Pass

写真へのリンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=332505

【 2019年04月03日 14時24分 】

企業・団体

  • 名称プライオリティ・パス
    業種