出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月4日(木)

KuanDeng Technologyが大規模な自動高精度地図技術を発表

AsiaNet 78153 (0561)


【北京2019年4月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*目立つ中国の自動車産業

21世紀初頭以来、世界の自動車産業の発展は停滞気味と言っていい状態だった。対照的に近年、中国の自動車所有と市場規模は拡大し続けてきた。自律運転業界の人気はますます高まりつつあり、派生分野である高精度地図への注目度も大幅に高まっている。

高精度地図はしばしば自律運転の「頭脳」と言われる。従来のナビゲーションマップと異なり、高精度地図は車線モデル、道路の構成要素、道路の属性などの動的交通情報を正確に認識するだけでなく、道路の渋滞、工事状況、交通事故、交通規制状況、天候などを明確に判断しなければならない。

KuanDeng Technologyが開催した「Extreme accuracy - Large-scale Automatic High-definition Map Technology Conference(極限精度-大規模自動高精度地図技術会議)」は、高精度地図分野における大規模ネットワーキング、自動処理、地図収集の技術を実演した。視覚ベースの技術により、KuanDeng Technologyは、スケール、自動化、スピードの面でより大きな優位性を達成することが可能になった。これは、大量の人的、物的資源を要する従来の方法とは全く異なる。

KuanDeng Technologyのリュウ・ジュン創業者兼最高経営責任者(CEO)は「全ての業界革命は、技術と環境条件が同時に整った時に新たな市場機会になる。高精度地図は今、技術、モデル、需要をベースとする新たな産業を成立させようとしている」と語った。

同氏は、技術的には人工知能のサポートのおかげで、さまざまな高精度の画像処理技術が高精度地図のイノベーションを可能にしたと考えている。第2に、モデルのイノベーションに関しては、インテリジェント運転とネットワーク化されたインテリジェント車両の普及でクラウドソースの地図が可能になり、量産型の高精度地図に初めて真に破壊的な機会をもたらした。最後に、支援型自律運転や自律運転の急速な進歩に伴い、より多くの需要が生まれており、これは業界全体の刷新と発展を促すだろう。

KuanDeng Technologyの高精度地図は、通常の地図のように道路の形状、勾配、曲がり、舗装、方向、その他の情報を表示するだけでなく、車線境界線のタイプ、車線の幅、沿線のランドマーク、フェンス、路肩のタイプなどに関する詳細なデータも表示できる。それは、業界の開発者やパートナーが自律運転を開発するに当たり、強力な技術サポートを提供し、さまざまなシナリオにおいて自動運転の商業的利用も促進するだろう。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190403/2423299-1

ソース:KuanDeng Technology

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=333200

【 2019年04月04日 17時12分 】

企業・団体

  • 名称KuanDeng Technology
    業種