出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月8日(月)

Nok Nok Labs、アフラック社の保険顧客向けサービスにおける生体認証の導入を発表

AsiaNet 78181

Nok Nok Labs、アフラック社の保険顧客向けサービスにおける
生体認証の導入を発表

がん保険を日本で初めて提供したアフラック社がNok Nok(TM) S3 Authentication Suiteを利用した富士通のオンライン認証サービスを採用


米国カリフォルニア州サンノゼ発, 2019年4月5日 /PRNewswire-AsiaNet/ --  新しい認証分野で信頼のおけるリーダーであるNok Nok Labs, Inc. [ https://www.noknok.com ] (ノックノックラブス、本社カリフォルニア州サンノゼ、社長兼CEOフィリップ・ダンケルバーガー、以下「NNL」)は、Nok Nok(TM) S3 Authentication Suite(以下「NNL S3 Suite」)をベースにした富士通株式会社 [ https://www.fujitsu.com/jp ] (以下「富士通」)の「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス(以下、オンライン生体認証サービス)」をアフラック生命保険株式会社 [ https://www.aflac.co.jp ](以下、アフラック)が導入したことを本日発表致します。アフラックは日本で初めてがん保険の提供を開始した保険会社であり、1500万人以上の顧客にサービスを提供しています。アフラックの顧客は自分の携帯端末から生体認証を利用して、がん保険の診断給付年金の「即時支払いサービス」を2018年12月から利用できるようになっており、生存確認に必要な書類の提出手続きに伴う時間と手間を大幅に軽減することができます。

顧客は指紋や顔認識など、自分が選択した生体認証を使用して簡単かつ安全にログインおよび請求手続きができます。アフラックのモバイル・アプリケーションは、FIDOのグローバル認証規格を実装し、強固なセキュリティと迅速でストレスのないユーザー体験を提供します。

「アフラックは日本の保険業界としては初めてFIDO認定のソリューションを導入したことになりました。我々は銀行や保険業界やそれ以外の業界への導入に向けて、引き続きNok Nok Labsと協力していきたいと考えています。」と富士通のサービステクノロジー本部ポータルサービス事業部長の江尻道彦氏は述べています。

調査会社のBiometrics Research Group,Inc.は、ヘルスケア市場における生体認証ソリューションの世界市場全体[*1] [ https://www.biometricupdate.com/wp-content/uploads/2017/04/special-report-global-biometric-healthcare.pdf ] は2020年までに約50億米ドルに達すると推定しています。 InsureTech分野における生体認証の採用は、ようやく始まったところであり、アフラックにおける今回の導入は、保険支払いに適用される次世代認証の必要性を示すものと言えます。なぜなら、そのようなサービスは、保険契約者と保険事業者にとって、セキュリティを確保した上で、使いやすいものであることが求められるからです。電子商取引、オンライン決済、銀行業界での次世代認証技術の採用から見て取れるように、保険業界における初期の活用例は、今後その業界において、同様に幅広い採用につながることでしょう。

富士通はNNL S3 Suiteを活用することで、アフラックのモバイル・アプリケーションに対する強力な認証を提供し、アフラックの顧客がiOSおよびAndroidデバイス上で生体認証により、がん保険の診断給付年金の支払い用途に利用できる環境を実現しました。また、NNL S3 Suiteは、富士通および、富士通の顧客に、ユーザー名とパスワードによる認証への依存を軽減または不要とし、既存のセキュリティ環境と相互運用可能でスケーラブルなユーザー認証方法を提供します。

「保険契約者向けシステムは簡単にアクセスできる必要があると同時にセキュリティによって保護されるべき重要な情報が含まれています。弊社のパートナーである富士通が提供する弊社のテクノロジーを活用したオンライン認証サービスをアフラックが使用して、アフラックの顧客が強固なセキュリティのもと少ない負担で請求手続きが可能な認証環境を実現しました。富士通がアフラックを支援し、その認証環境を実現したことを非常に喜ばしく思います。」とNok Nok Lab Labsの社長兼CEOであるフィリップ・ダンケルバーガーは述べています。

NNL S3 Suiteについての詳細は下記のURLをご参照ください。
https://www.noknok.com/products/s3-authentication-suite/.

[*1]: 出典: Biometric in Healthcare, Biometric Update.com, Biometrics Research Group, Inc.
https://www.biometricupdate.com/wp-content/uploads/2017/04/special-report-global-biometric-healthcare.pdf

アフラックについて
1974年11月、米国生命保険会社(American Family Life Assurance Company of Columbus)の日本支店として創業し、日本初のがん保険を発売。現在、1500万人以上の顧客から2400万件以上のご契約を保持している。 2018年4月に、これまでの日本支店から日本法人(株式会社)へ会社形態を変更し、新たに「アフラック生命保険株式会社」となった。詳細はwww.aflac.co.jp をご参照ください。

富士通について
富士通株式会社は日本を代表する情報通信技術(ICT)企業であり、広範に渡る技術製品、ソリューション、およびサービスを提供しています。ワールドワイドで約140,000人の従業員がおり、100カ国以上の顧客をサポートしています。富士通はその経験とICTの力を利用して、その顧客と共に社会の未来を形作ります。詳細は www.fujitsu.comをご参照ください。

Nok Nok Labsについて
新しい認証分野で信頼のおけるリーダーであるNok Nok  Labsは、ユーザーやデバイスを認証するシンプル、セキュアかつ拡張性の高い認証方式を提供しています。今日市場において最もイノベーティブな認証ソリューションを提供することで、グローバルな組織が最新のプライバシーや法律・規制に対する要件を満たしつつ、デジタルサービスへのアクセスにおけるユーザー体験を向上させることを支援しています。Nok Nok S3 Authentication Suiteは既存のセキュリティ基盤にインテグレーションすることで投資対効果が高く、将来に渡って有効に活用できる標準ベースの認証環境を実現します。Nok Nok Labsは2012年カリフォルニア州パロアルトにて創業し、米国において20以上の取得済み特許と世界で出願中の特許に保護されているユニークな発明とイノベーションを提供しています。FIDO Allianceの創設メンバーであり、FIDO仕様の発案者であるNok Nok Labsは次世代の標準ベースの認証の導入におけるエキスパートであり、DDS、Ericsson、Fujitsu、Hitachi、Intuit、Lenovo、NTT DATA、NTT DOCOMO、OneSpan、SoftBank、T-Mobile、ThreatMetrixを含む顧客およびパートナーと連携しています。 詳細は、www.noknok.comをご参照ください。

問い合わせ先: info-j@noknok.com

ソース: Nok Nok Labs

接触: Katie Pesek, 703.795.1928, nnlpr@merrittgrp.com

(日本語リリース:クライアント提供)


【 2019年04月08日 10時36分 】

企業・団体

  • 名称Nok Nok Labs
    業種