出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月10日(水)

QNBグループが2019年3月31日まで3カ月の決算を発表

AsiaNet 78245 (0600)


【ドーハ(カタール)2019年4月10日PR Newswire=共同通信JBN】中東、アフリカ、東南アジア(MEASEA)地域の大手銀行の一つQNBは2019年3月31日まで3カ月の決算を発表した。

(Photo - https://mma.prnewswire.com/media/808498/QNB_Group_Head_Office.jpg

2019年3月31日まで3カ月の純益は36億カタール・リヤル(QAR)(9億8000万米ドル)に達し、トルコ・リラの下落にも関わらず前年同期比4%増だった。総資産は同6%増の8820億QAR(2420億米ドル)で、グループ史上最大となった。

総資産増加の主要原動力は融資・貸出金で同5%増の6230億QAR(1710億米ドル)だった。これは主として、2019年3月31日現在で同5%増の6340億QAR(1740億米ドル)に達した顧客の預金で賄われた。グループの資産と債務はトルコ・リラの下落に部分的に影響を受けた。この下落の影響にも関わらず、QNBの強固な資産・負債管理能力は2019年3月31日現在のQNBグループの預貸率を98.3%に向上させるのに役立った。QNBグループの強固なコスト管理は経費率の改善を促進、昨年の27.8%から25.9%になった経費率は中東アフリカ地域の大手金融機関で最良の部類とみられている。

総融資に対する不良債権の比率は2019年3月31日現在1.9%で、中東アフリカ地域の金融機関で最低水準とみられ、グループの質の高い融資ポートフォリオと有効な信用リスク管理を反映している。グループの引当金に関する慎重な政策により、2019年3月31日現在のカバレッジ率は106%になった。グループの自己資本比率(CAR)は2019年3月31日現在、18.5%で、カタール中央銀行とバーゼル銀行監督委員会の規制最低要件を上回っている。

2019年第1四半期にQNBは20億ユーロ、期間3年の優先無担保タームローン・ファシリティのシンジケートを成功裏にまとめた。これはQNBの強固な信用力の証しである。グループはまた、国際資本市場でのEuro Medium Term Note (EMTN) Programmeによる魅力的な固定金利年3.5%、満期5年で10億米ドルの債券発行を成功裏に完了した。

これらの発行は世界中で主要な国際投資家の強い関心を引き、QNBグループの財務の健全性と中東アフリカ地域で最大の金融機関としての地位への投資家の信用を反映している。QNBグループの今後の戦略への高い信頼をも反映している。

QNBグループは2400万人の顧客ベースに奉仕し、1100カ所で営業する3万人の人材と4400のATMに支えられている。

ソース: QNB Group

【 2019年04月10日 14時17分 】

企業・団体

  • 名称 QNB Group
    業種