出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月15日(月)

CEEK VRがレアル・マドリードのダニエル・カルバハルと初の4Dヘッドフォン発売

AsiaNet 78293 (0619)


【ロサンゼルス2019年4月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*ダニエル・カルバハルはレアル・マドリードのライトバックでゲーマー
*CEEK VRの4D先進型ヘッドフォンは、バーチャルリアリティーゲーム、映画、音楽に驚くべき360度サウンドを提供

バーチャルリアリティーの大手イノベーターであるCEEK VRが最新の4D 360度CEEK VRヘッドフォンを披露した。CEEK VRのブランド大使、ダニエル・カルバハルは、CEEK VRアプリにリリースされるダニエル・カルバハルとの独占的体験を堪能した。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/870687/CEEK_VR_4D_Headphones_Dani_Carvajal.jpg

4Dヘッドフォンのパッケージには、着脱式マイク、VRナビゲーション、ゲームコントローラーが含まれている。ヘッドフォンはブラックとゴールドがあり、今年5月半ば以降、CEEKウェブサイトを通じて250米ドル分のCEEKかEthereumで購入できる。

CEEK VRの創業者兼最高経営責任者(CEO)、メアリー・スピオ氏は「従来のヘッドフォンは所定のシナリオ用に設計され、リアルタイムでダイナミックな生々しい体験ではなかった。それは動きに反応して、音源方向や距離感を与えることがなかった。CEEK VRヘッドフォンは4Dフィジックスベースのオーディオ技術と触覚フィードバックを使い、豊かで巻き込むようなサウンドスケープを生み出し、映画、音楽、ゲームを全く新しい方法で見て感じることが可能になる」と語った。

CEEK VRヘッドフォンはサウンドを視覚化し、音の強さに基づく触覚フィードバックを加えることによって、波動が存在するスペースの音響特性に違いをもたらす。CEEKの4D先進型ヘッドフォンは、サウンドの深さ、範囲、遠近感、距離を聴覚系が正確に再現し、実環境のあり方に近づけることを可能にする。

CEEKの4Dヘッドフォンが出る前、このような音響体験はCPUリソースを枯渇させる強力で高性能のゲームコンピューターなくして得られず、モバイルフォンではほとんど不可能だった。今やCEEK の4D先進型ヘッドフォンがあれば、手持ちのモバイルフォンを専用メガエンターテインメントボックスに転換することができる。CEEK の4D先進型ヘッドフォンはVR環境向けにつくり出されたものの、音楽や映画、その他の体験も同様に十分楽しめる。

▽CEEK VRについて
高度なバーチャル/オーグメンテッドリアリティー体験のデベロッパーで受賞歴があるCEEK VRは、バーチャルリアリティー概念全体の先駆者になった。その使命は、バーチャルリアリティー体験を誰もが利用、享受できるようにすることである。CEEK VRの経営陣は、マイクロソフト、ボーイング、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー、Dreamworks SKG、20世紀フォックス、NFL、ベライゾン、Zyngaなど業界大手で実績を積んでいる。

ソース:CEEK VR

▽問い合わせ先
Tina Brown
Tina@ceek.com

【 2019年04月15日 11時26分 】

企業・団体

  • 名称CEEK VR
    業種