出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月18日(木)

アディダスがフューチャークラフトループでスポーツの循環システムの未来を切り開く

アディダスがフューチャークラフトループでスポーツの循環システムの未来を切り開く:リメーク可能なパフォーマンス・ランニングシューズ

AsiaNet 78373


-アディダス(adidas)の画期的なクローズド「ループ形成プロセス」で完全リサイクル型パフォーマンスシューズを生産

-フューチャークラフトループ(FUTURECRAFT.LOOP)は、100%リサイクル可能なパフォーマンス・ランニングシューズ。アディダスに返却すると、分解され新しいパフォーマンス・ランニングシューズを作るのに再利用されます。

-第1世代の発売は、2021年春夏の大々的な商品化を目指すアディダス最大となる世界規模のベータ・プログラムの一環

ニューヨーク(米国)、2019年4月18日/PRニュースワイヤー/ --
アディダスは、100%リサイクル可能なパフォーマンス・ランニングシューズであるフューチャークラフトループでプラスチック廃棄物への取り組みを強化します。

アディダスは2015年、パーリー・フォー・ジ・オーシャンズ(Parley for the Oceans)と共同でアッパーをすべて海洋プラスチック廃棄物と深海の違法な深海刺網を回収、リサイクルして作る初のパフォーマンスシューズのコンセプトを発表しました。2019年にアディダスは、海岸、離島、沿岸地域から回収したパーリーのオーシャンプラスチック(Ocean Plastic)(R)で1100万足を製造します。アディダスは2024年までに解決法のある限り全製品および全用途でリサイクルのポリエステルのみを使用することを目指して尽力しています。海洋プラスチック廃棄物からアップサイクルしたパーリーの高級素材を使った製品は、アディダスの持続可能性戦略の第一の柱です。

グローバルブランド担当のアディダス常任理事、エリック・リートケは、次のように述べました。「システムからプラスチック廃棄物を取り出すのが第一段階ですが、そこで終わらせるわけにはいきません。靴は履き古した後どうなりますか?他に方法がなければ、捨てますね。後には埋め立て地、焼却炉、そして最終的には過剰な炭素で息が詰まるような大気やプラスチック廃棄物があふれる海があるだけです。次の段階は、『廃棄物』の概念に完全に終止符を打つこと。私たちの夢は、同じ靴を何度も繰り返し履けるようにすることなのです。

フューチャークラフトループは、リメークできるように作られた初のランニングシューズです。製品の全生涯に責任を持つという当社の意思表明であり、捨てる必要のないハイパフォーマンス・ランニングシューズを当社が作れることの証です」

フューチャークラフトループ・プロジェクトは、原材料が繰り返し再利用できる「クローズドループ(closed loop)」、すなわち循環型生産モデルを可能にして、プラスチック廃棄物の問題に取り組むことを目的としています。ただし、単に再利用で水のボトルにするのではなく、再度ハイパフォーマンス・ランニングシューズにするのです。

構造
スポーツシューズは通常複雑な混合素材と接着剤でできており、ダウンサイクルしかできない靴になっています。アジア、ヨーロッパ、北米の主要な材料開発、製造、リサイクルのパートナー各社と共同の10年近くにわたる研究開発の結果、アディダスはこの工程を変える方法を発見しました。

フューチャークラフトループは、1種類の材料タイプを使って接着剤を使わないことで、一からリメークができるパフォーマンスシューズをデザインする変革的な方法です。各部分は100%再利用可能なTPUでできており、アディダスのスピードファクトリー(SPEEDFACTORY)技術を用いて糸に紡ぎ、編み込み、成型し、ブースト(BOOST)のミッドソールに合わせます。

シューズの1度目の寿命が終わり、アディダスに返却されると、洗浄され、粉砕されてペレットになり、溶かされて、新たな靴の部分の材料になるため、廃棄物ゼロ、捨てるものはありません。各世代が、妥協することなくアディダスのスポーツパフォーマンス基準に合うようデザインされています。

アディダスのテクノロジー・イノベーション担当マネージャー、Tanyaradzwa Sahangaは次のようにコメントしています。「当社は回収、粉砕し、新たなアディダス製品に作り直せる、新しいタイプの製品に着手しました。これが技術的にも行動的にも、もまさに遠大な計画であるのは承知していました。技術的なハードルを乗り越えられそうにないと思えることもありましたが、ようやく最初の飛躍を成し遂げ、競技の場は変わりました。自社だけで循環システムの未来を作ることはできません。互いを必要としているのです。当社はでは、この最初のステップがベータ版公開の一部として現実となることに沸き立っています」

アディダスのクリエイティブディレクション&フューチャー担当上級副社長、ポール・ガウディオは、次のように述べました。「フューチャークラフト(FUTURECRAFT)は、当社のデザインとイノベーションの精神であり、アート、科学、テクノロジー、人間性、エンジニアリング、技能が交わるところです。創造性を使って、私たちが望む世界を再考しているのです」と述べました。

フューチャークラフトは競技や人生はもちろん、住む世界すなわち我々皆が住む世界の変革でアスリートを支援する際に直面する多くの課題やチャンスに新たな材料や工程を取り入れて、新しい分野に踏み出そうと努めています」

第一段階
第1世代のフューチャークラフトループ・シューズは、世界主要都市の一流クリエーター200人を使って世界規模のベータ・プログラムの一部として公開。第2世代の発表前にシューズを履いて、返却し、フィードバックするよう依頼します。

得られた知見は、2021年春夏に予定される大々的な商品化に向けた計画の作成に活用されます。

詳細はadidas.com/futurecraft をご覧ください。

(写真: https://mma.prnewswire.com/media/873017/adidas_FUTURECRAFT_LOOP_trainer_white.jpg )
(写真: https://mma.prnewswire.com/media/873019/adidas_FUTURECRAFT_LOOP.jpg )
(写真: https://mma.prnewswire.com/media/873021/FUTURECRAFT_LOOP.jpg )
(写真: https://mma.prnewswire.com/media/873022/adidas_FUTURECRAFT_LOOP_recycling.jpg )
(写真: https://mma.prnewswire.com/media/873020/adidas_Logo.jpg )



(日本語リリース:クライアント提供)

【 2019年04月18日 10時47分 】

企業・団体

  • 名称アディダス(adidas)
    業種