出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月18日(木)

Scry.infoはTokenSkyグローバルブロックチェーンサミットに招待されて参加しました

AsiaNet 78376


【香港2019年4月18日PR Newswire】
4月17日、「2019 TokenSkyブロックチェーン香港サミット」が香港テクノロジーパークで盛大に開催されました。主催者は世界各地からやってきたブロックチェーン業界のインフラに取り組んでいる企業、投資人を招待しました。皆はブロックチェーンの運用に重きを置いて、「チェーンと繋ぐチャンス及び監査」をテーマに、Dapp応用による斬新な世界の推進を共同で検討し合い、これからブロックチェーンが国境や業界を跨いで深く提携することを促進します。


Scry創始者であるEva Fooは主催者の招待を受け、今回のブロックチェーンサミットに出席し、「Scryデータコントラクトは商業応用の発展に確実なサポートを提供する」というテーマのスピーチをしました。Eva氏はまず参与者達にScry.infoプロトコルレイヤーを紹介しました。「Scryプロトコルレイヤーは企業レベルの業務が真実データに基づくブロックチェーン応用をサポートします。スマートデータコントラクトをビジネスロジックとシームレスに結びつけさせることは技術の融合だけではなく、戦略的な企画でもある」と述べました。

その他、Scryは独立の開発チームがプロトコルレイヤーに基づいて開発したScry Cityも披露しました。Scry Cityとは現実世界と平行するバーチャル世界です。現実世界と物理的に1:1のバーチャル世界は航空保険、天気予測、金融データ取引、先物指数などのデータコントラクトを支持します。

今年3月、Scryは唯一の技術サポーターとして日立グループが主催したハッカーソンにIoT、ビッグデータなどの応用の基層開発ツールを提供しました。
今年5月、Scryプロトコルレイヤーが市場に向けてオープンソースし、スマートコントラクトを通してデータを根拠にさせ、ルールを見つけ、策定を補佐し、未来を予測します。それらはブロックチェーンが生み出す威力及びデータの価値です。

ブロックチェーンデータコントラクトの高い粘度はブロックチェーンが企業、社会及び実際応用に入るポテンシャルです。SCRYは各開発者にプロトコールプラットフォームのツールライブラリを提供し、ブロックチェーン応用の開発のハードルを下げます。より多くの開発者がSCRYのツールライブラリに基づいて様々な応用を開発することを歓迎します。
皆さんが期待していたビデオはこちらへご覧ください
2019年下半期に、SCRYは業界を問わず、ブロックチェーンがより多くのビジネスと融合する実際運用に取り組んでいきます。

最後に、こっそりと皆さんに言いたいことはあります。4月末に狐ちゃん(DDD)は新しい取引所に上場する予定です。常にコミュニティの情報を確認しましょう。新しい取引所に上場する際に行われるイベントのプレゼントを見逃しないでください。どんなプレゼントがあると知りたい方は必ず参加してください。

(日本語リリース:クライアント提供)

【 2019年04月18日 15時35分 】

企業・団体

  • 名称SCRY.INFO
    業種