出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月19日(金)

エナセーブRV505ロゴ
エナセーブRV505ロゴ
2019年4月19日

住友ゴム工業(株)

風や重さにふんばりが効く ふらつきにくく快適なミニバン専用タイヤ
DUNLOP(ダンロップ)「エナセーブ RV505(アールブイゴーマルゴ)」新発売

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、ミニバン特有のカーブや横風によるふらつきを抑えるとともに、ライフ性能、静粛性能も向上させ安全性能と快適性能を高次元で兼ね備えたミニバン専用タイヤDUNLOP「エナセーブ RV505」を2019年6月1日から発売します。発売サイズは48サイズで、価格はオープン価格です。

 DUNLOP「エナセーブ RV505」は、新開発の「FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)」を採用することで多人数乗車でのカーブ時や不意な横風により発生するミニバン特有のふらつきを抑制し、耐ふらつき性能を19%向上※させ安定した直進・コーナリング性能を実現しました。また、耐偏摩耗性能を53%向上※させロングライフも実現しています。さらに新プロファイルと新カオスピッチ配列の採用により静粛性能を高めることで、静かで快適な車内環境を実現しています。 
※従来品「エナセーブRV504」との比較(以下同様)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O1-Ts5TQr3T
<3リブパターン>  <4リブパターン>
タイヤ幅205以下   タイヤ幅215以上

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O19-Sl4fBX1h

■特長
〇ミニバン特有のふらつきを抑制し安定した走行を実現 
路面をしっかりと捉え、荷重をがっちり支える技術「FUNBARI TECHNOLOGY」の採用により、乗車人数や荷物が多いとき(荷重負荷時)の耐ふらつき性能を当社従来品より19%向上。

 ■レーンチェンジ時のふらつき比較(ヨーレート※比較) 
 ※進行方向を変える速度

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O7-9SqLJv14
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O8-0vMuLmn1

【試験条件】
●タイヤサイズ:195/65R15 91H ●空気圧:240kPa ●テスト車両排気量:1,797cc
●荷重条件:4名乗車+荷物40kg相当 ●路面状態:アスファルト(ドライ) 
●計測方法:車両重心付近にヨーセンサーを搭載し、最大ヨーレートの差を率で表示しています。

<路面をしっかり捉える技術>
パターン技術と新技術「プラスリブ」により路面をしっかり捉え、不意なふらつきでも安定した走行を実現。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O9-ucy7I16j

<荷重をがっちり支える技術> 
サイド部の高剛性材料の高さを当社従来品より上げ強化するとともに、サイドウォール全体がたわむ新プロファイルを採用したことで、荷重をがっちり支え多人数乗車でもふらつきを抑制。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O10-x899azO0

〇トータルライフを向上し、ロングライフを実現 
「FUNBARI TECHNOLOGY」により、当社従来品より耐偏摩耗性能が53%向上。 
 ■耐偏摩耗性能比較
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O11-n95us4yj 】 

【試験条件】
●タイヤサイズ:195/65R15 91H ●空気圧:240kPa ●テスト車両排気量:1,797cc
●荷重条件:4名乗車+荷物40kg相当 ●試験距離:12,120km 
●ローテーションの有無:2台の車両で装着位置を保持しつつ交換しながら走行

〇より静かで快適な車内環境を実現
新プロファイルと新カオスピッチ配列の採用により当社従来品と比べ、パターンノイズを34%、ロードノイズを31%低減。
 ■パターンノイズ:パターン起因のノイズ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O12-qez3drAT

 ■ロードノイズ:路面との接地による振動起因のノイズ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O13-u3x6KA2h

【試験条件※1】
●タイヤサイズ:195/65R15 91H ●空気圧:240kPa ●テスト車両排気量:1,797cc  ●荷重条件:2名乗車相当 ●速度:40km/h ●路面:滑らかな路面 ●駆動方式:FF  ●騒音エネルギー低減率(%)=(1/10^(音圧量/10)-1)×100 
【試験条件※2】
●タイヤサイズ:195/65R15 91H ●空気圧:240kPa ●テスト車両排気量:1,797cc  ●荷重条件:2名乗車相当 ●速度:60km/h ●路面:荒れた路面 ●駆動方式:FF   ●騒音エネルギー低減率(%)=(1/10^(音圧量/10)-1)×100 

<新プロファイル>
トレッド部の接地形状を当社従来品より丸くし中央部から接地させることで、路面からの衝撃を緩和し振動を抑制。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O14-KWrOinqZ

<新カオスピッチ配列>
大きさが異なる5種類のブロックの配置を最適化し音を分散させることでパターンノイズを低減。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O15-weX3qafm

※上記の試験条件に関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。
※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。
※試験結果はあくまでテスト値であって運転の仕方によっては異なります。

■発売サイズ

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O17-b2sDm875 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904185554-O16-Zl3HFlUL

★=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)
[EXTRA LOAD規格について]
空気圧および負荷能力をスタンダード規格(JATMA・ETRTO等)の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格のことです。この規格のタイヤサイズは、スタンダード規格(JATMA・ETRTO 等)の同一サイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。また、同一タイヤサイズでも空気圧に対する負荷能力を維持するためには、スタンダード規格(JATMA・ETRTO 等)のタイヤに比べ、高い空気圧が必要となる場合があります。当社では、輸入外車用としてEXTRA LOAD規格のタイヤサイズをラインアップしております。


<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

【 2019年04月19日 10時00分 】

企業・団体

  • 名称住友ゴム工業株式会社
    業種ゴム製品

写真

  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1