出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月22日(月)

トップ クリアリキッド抗菌 本体(900g)
トップ クリアリキッド抗菌 本体(900g)
2019年4月22日

トップ クリアリキッド抗菌キャンペーン事務局

小中学生の子どもを持つ30代〜40代のフルタイムで
働く女性(ワーママ)600人に聞く、
「洗濯物のニオイ悩みに関する調査」
ワーママの9割を悩ませる洗濯物のニオイ!半数近くが家族に指摘された
洗ったのに再び蘇る洗濯物のニオイ
恐怖の「ゾンビ臭※」とは?
洗濯ハカセ・神崎さんに教わる、家庭でできるゾンビ臭対策
※ライオンでは、洗濯しても再び蘇る「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」の3つの洗濯物のニオイを「ゾンビ臭」と呼んでいます

 ライオン株式会社(以下ライオン)は、小中学生の子どもをもつ30〜40代の働く女性600人を対象に、洗濯物のニオイに関する実態調査を行いました。その結果、ワーママたちのほぼ全員が洗ったのにクサイ洗濯物のニオイに悩み、ちゃんと洗ったにも関わらず後でニオイが発生していて、あきらめモードに陥りつつあることがわかりました。
 ライオンでは、洗濯しても再び蘇る「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」の3つの洗濯物のニオイを「ゾンビ臭」と呼び、その原因や対策を提案してまいります。

ワーママの9割が洗濯物の蘇るニオイを経験し、約半数が家族からも指摘

*ワーママの93.8%が洗った洗濯物から蘇るニオイを感じた経験があり、
 46.9%が家族からも指摘されている。
*家族からの指摘に関し、ワーママの9割が「気にする」(93.4%)、
 「発生しないように工夫」(87.9%)している。

洗濯しても再び蘇るニオイ=「ゾンビ臭」は、取り除きにくいニオイ

*「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」のゾンビ臭を
 かいだ経験があるワーママは97.9%とほぼ全員。
*ワーママを悩ますゾンビ臭は取り除きにくさも最強!
 部屋干し臭86.1%、干し忘れ臭84.2%、戻り生乾き臭88.1%。

切っても切れない? 洗濯物とニオイ悩み、あきらめモードも見え隠れ…

*86.1%のワーママが洗濯物のニオイ対策を実践中。しかし、半数以上が
「頑張っても洗濯後の嫌なニオイは発生してしまう」(55.6%)とあきらめモード。
 あれこれ工夫するも悩みは尽きない。

<調査概要>
■実施時期 2019年2月18日(月)~2019年2月21日(木)
■調査手法 インターネット調査  
■調査対象 全国の小中学生の子どもを持つ30代〜40代のフルタイムで
      働く女性600人(30代と40代それぞれ300人ずつ)
※本リリース上のスコアの構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合もあります。

洗濯ハカセ・神崎さんに聞く、「ゾンビ臭」の原因と対策



洗濯物のニオイ悩みの実態
洗ったのにいつのまにかクサイ(?!) 根深い洗濯物のニオイ問題
ワーママの9割が洗った後の洗濯物のニオイを経験し、
約半数が家族からも指摘

 全国の小中学生の子どもを持つ30代〜40代のフルタイムで働く女性(=ワーママ)600人を対象に、普段の洗濯についての調査を行いました。
 まず、洗濯物のニオイについて、洗濯したにも関わらず再びニオイを感じた経験について聞くと、「感じたことは一度もない」と答えたワーママはわずか6.2%しかおらず、ワーママの93.8%が洗ったのにニオってくる洗濯物のニオイ悩みを経験しています[図1]。

[図1]洗濯したにも関わらず、再び衣類からニオイを感じた経験

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O1-9C2fS8me

 洗った洗濯物が再びニオった経験があると答えた563名のワーママに、家族からそのニオイを指摘されたことがあるかと聞くと、半数近くが「指摘されたことがある」(46.9%)と答えています[図2]。

[図2]洗濯物のニオイを家族から指摘された経験

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O2-97OpS1eT

また、家族から洗濯物のニオイを指摘されたときの気持ちを聞くと、93.4%が指摘されたことを「気にする」と答え、87.9%が「今後、洗濯後の嫌なニオイが発生しないように工夫する」 と答えています[図3]。

[図3]洗濯臭を家族から指摘されたときの気持ち
対象:洗濯物のニオイを感じたワーママ(n=563)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O3-4fx4jLbA

洗濯物の蘇るニオイ=「ゾンビ臭」の実態
消えたのに蘇る「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」=「ゾンビ臭」 
ワーママの98%がゾンビ臭を経験済み 取り除きづらいニオイと痛感

 洗ったのに再びニオう洗濯物のニオイの中には、部屋干しにより発生する「部屋干し臭」、洗濯後にすぐ干さないことによる「干し忘れ臭」、服やタオルなどが濡れるなどして再度ニオイが発生する「戻り生乾き臭」があります。
 洗濯して一度消えたはずのニオイが蘇るという特徴がある代表的なこれら3つのニオイをライオンでは「ゾンビ臭」と呼んでいます。

 洗った洗濯物が再びニオった経験があると答えた563名のワーママに、それぞれのゾンビ臭をかいだ経験を聞くと、部屋干し臭95.6%、干し忘れ臭84.0%、戻り生乾き臭75.8%となり、いずれかひとつでもゾンビ臭をかいだ経験があるワーママは97.9%と、ほぼすべてのワーママがゾンビ臭を経験しています[図4]。

[図4]ゾンビ臭をかいだ経験

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O4-oaTC65wA

洗った洗濯物が再びニオうのは、一度消えたのにニオイが蘇るゾンビ臭が原因であり、このゾンビ臭こそが、ワーママたちを悩ませる洗濯物ニオイの元凶と言えそうです。

 洗濯物ニオイの元凶となるゾンビ臭ですが、そのニオイの取り除きにくさを聞くと、部屋干し臭(86.1%)、干し忘れ臭(84.2%)、戻り生乾き臭(88.1%)のいずれも8割以上が「取り除きにくい」(取り除きづらい+やや取り除きづらい)と感じています[図5]。甦ったゾンビ臭は、避けることがより一層難しいニオイ汚れです。

[図5]ゾンビ臭の取り除きにくさ
対象:[図4]で各ゾンビ臭を「いつも感じる」+「たまに感じる」と答えた人

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O5-lB84LdK6

やってもやっても… 洗濯物のニオイ問題はあきらめるしかない?!
ワーママの86%が洗濯物のニオイ対策を実践中
なのに7割近くがニオイ悩みを抱えたまま

 ゾンビ臭に悩まされるワーママですが、洗濯物のニオイを感じたことがあると答えた563名のワーママに、洗濯したのに取れていないニオイへの対策を聞くと、「対策をしていない」と答えたのは13.9%で、86.1%のワーママが、洗濯時に重曹を使用する、乾燥機で干す、など何らかの洗濯物のニオイ対策を講じています[図6]。

[図6]洗濯物のニオイ対策

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O6-Kgqtfx4d

 しかし、洗濯物のニオイに対する意見を聞くと、「頑張っても洗濯後の嫌なニオイは発生してしまう」(55.6%)、「洗濯後の嫌なニオイは解決できない」(54.4%)、「洗濯後の嫌なニオイはあきらめている」(49.0%)、「洗濯後の嫌なニオイに対策法はない」(38.2%)など、あきらめモードとなっているようで、これらの悩みを抱えるワーママは全体の約7割(68.6%)にも上っています[図7]。
 約9割のワーママが洗濯物のニオイ対策に取り組んでいるにも関わらず、7割近くが洗濯物のニオイ悩みを抱えたまま、というのが現状です。洗濯物とニオイ悩みは切っても切れない関係にあるようです。

[図7]洗濯物のニオイに対する意見(複数回答)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O7-CHseSXH0

洗濯ハカセ・神崎さんに聞く、「ゾンビ臭」の原因と対策
 ワーママたちを悩ませるゾンビ臭について、その原因や家庭でできる対策方法について、洗濯ハカセとしておなじみの   神崎さんにお話をうかがいました。

*ゾンビ臭の原因は衣類についた雑菌や落としきれない汚れ
 ニオイそのものより、ニオイを放つ要因が取り除きにくい
 「ゾンビ臭」の原因は、汚れを含め衣類についた雑菌が温度湿度などの繁殖条件が揃うことで繁殖し雑菌から放たれることが考えられます。洗濯して表面上のニオイは落ちていますが、時間の経過や汗をかく事など、再び菌の繁殖条件が揃うことで雑菌や汚れから放たれたニオイが漂い始めます。
 ニオイそのものは洗濯の際に落ちますが、その原因となる要素を完全に除去する事ができていないため、クサイニオイが復活し、「ゾンビ臭」として蘇ると考えられます。

*ゾンビ臭対策洗濯三原則 溜め込まない 詰め込まない 早く乾かす
 家庭でのゾンビ臭対策は、洗濯前、洗濯中、干し方にそれぞれにポイントがあります。
洗濯前であれば、洗濯物を長期間ためないことです。洗濯物をため込むと、衣類の汚れが落としづらくなるため、できる限りその日に洗う事を心がけましょう。
 洗濯中に気をつけたいのは、洗濯機への衣類の詰め込みすぎです。せっかくの洗剤の効果が発揮されづらくなります。洗剤や柔軟剤などの使用の目安を正しく守り、詰め込みすぎない洗濯を心がけてください。
 また、洗濯物を干すときは、雑菌が繁殖しないようできるだけ早く乾くような工夫を。低い場所より高い場所に干し、ハンガーとハンガーの間隔は、拳ひとつ分か、最低でも指3本分はあけるのがオススメです。空気の通りやすさを意識して干すことで乾燥のスピードを上げることができます。

*年中無休のゾンビ臭対策 梅雨時期はゾンビ臭リスクが最大化
 ゾンビ臭のリスクは、「ほぼ1年中ある」と言っても過言ではないと思います。中でも梅雨時期は、汗をかきやすく、洗濯物も乾きづらくなり、ゾンビ臭のリスクが最も高くなります。ゾンビ臭対策をせず繰り返していると、ニオイが強くなり、汚れも落としづらくなります。ゾンビ臭の発生の原因の一つである汚れには、皮脂などに含まれる「脂」や「タンパク質」などの落ちにくい汚れがあります。特に肌が直接触れてるインナーやシャツ類は、しっかりと対策をすることをおススメします。

神崎健輔(かんざき・けんすけ)さん 洗濯ハカセ
洗濯・シミ抜き職人。実家の老舗クリーニング店「白洋社」部長。株式会社クラスタス CTO。宅配クリーニング「Nexcy(ネクシー)」CTOとして、全国から集配可能なクリーニング店の運営も行う。それらの経験をもとに、「洗濯ハカセ」として、家庭でもできる洗濯・シミ抜き術を発信中。テレビ雑誌等、メディア出演多数。

ライオンのゾンビ臭対策

24時間抗菌で、三大ニオイ悩みを撃破!
『トップ クリアリキッド抗菌』新登場

高い洗浄力で、子どもを持つ生活者の皆さまを中心にご好評をいただいている『トップ クリアリキッド』シリーズから2019年4月に抗菌タイプが新登場。
目指したのは、ママたちが悩むゾンビ臭、「部屋干し臭」・「干し忘れ臭」・「戻り生乾き臭」の解消です。
ゾンビ臭の原因となる菌に対して高い抗菌効果(※)を発揮する、独自の製品設計により、24時間の抗菌効果を実現させました。
さらに使いやすさもアップ!ママたちの洗濯ストレスを徹底的に解消します。
(※)すべての菌に効果がある訳ではありません。

発売日・地域:2019年4月24日(水) 全国
商品名・容量・価格:
*トップ  クリアリキッド抗菌 本体      900g オープン価格
*トップ  クリアリキッド抗菌 つめかえ用   720g オープン価格
*トップ  クリアリキッド抗菌 つめかえ用特大 1160g オープン価格
商品特長:
*24時間抗菌で、三大ニオイ悩みを撃破!
 三大ニオイ悩み「部屋干し臭」・「干し忘れ臭」・「戻り生乾き臭」をまとめて解決
*洗剤投入口の液残りや、キャップの液ダレを防ぐ、さらさらした液体タイプの洗剤
*柔軟剤の香りを妨げない微香性
*すすぎ1回に対応


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O8-27z8fvY6
トップ クリアリキッド抗菌 本体(900g)


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O10-wr2HbjVN
つめかえ用(720g)


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225637-O11-GKMPz32y
つめかえ用特大(1160g)







【 2019年04月22日 11時00分 】

企業・団体

  • 名称ライオン株式会社
    業種化学

写真

  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1
  • image-1