出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
共同通信PRワイヤー

2019年4月のプレスリリース

4月24日(水)

インクルーズ・インターナショナルがプエルトリコに本社移転、フットプリント拡大

AsiaNet 78413 (0676)


【サンフアン(プエルトリコ)2019年4月23日PR Newswire=共同通信JBN】世界最大のクルーズ会員クラブ、インクルーズ・インターナショナル(inCruises International)は23日、プエルトリコへの事業拡大を発表した。

インクルーズのフランク・コディナ社長兼最高執行責任者(COO)は「われわれはプエルトリコへ移転したことに非常に満足しており、引き続き地域に根付き、世界中からの参加者を迎えて目覚ましい成長を期待している」と述べた。

コディナ社長は「当社のクルーズ会員商品とビジネス機会が世界規模で人々の生活を向上させ続け、インクルーズの事業は過去3年余で素晴らしい成長を遂げた。プエルトリコへの移転は、サンティアゴ・サンティアゴやフリオ・アヤラを含む当社の現地営業リーダーと強固なパートナーシップを築き、彼らが実りあるビジネス機会を活用して成功できるよう手助けするのに役立つ」と語った。

マイケル・ハチソン最高経営責任者(CEO)は「プエルトリコへ移転し、人々に活力を与える会員商品、サービス、機会を提供することが、われわれの成長イニシアチブにおける最新の画期的出来事であり、インクルーズの国際業務のエキサイティングな新しい章でもある」と述べた。

▽Caribbean Businessによると、プエルトリコがクルーズ客数の記録
https://caribbeanbusiness.com/puerto-rico-sets-cruise-passenger-record-in-january/

Puerto Rico Tourism Co.(PRTC)のエグゼクティブディレクター、カルラ・カンポス氏は先日、史上最多のクルーズ客が2019年1月に来島したと発表した。

カンポス氏は声明の中で「プエルトリコはカリブ海の観光産業においてリーダーとしての地位を強化し続け、クルーズの分野は確実に繁栄し続けている。新たなクルーズの登場、新航路、乗客増加は、クルーズ船業界企業と顧客の両方にとってのこの島の素晴らしさと魅力を示している」と述べた。

カンポス氏は自分が指揮する公営企業が「われわれの島の経済発展を強化、増進し、島民の生活ぼ向上を達成する原動力として観光産業に賭けるというリカルド・ロセロ・ネバレス知事が描いた戦略」に沿っていることを強調した。

▽インクルーズ・インターナショナルについて
インクルーズ・インターナショナル(inCruises International)は2015年以来、178カ国に会員とパートナーを擁する大手クルーズ会員クラブになった。インクルーズは会員の生活に違いをもたらし、成長しつつあるパートナーチームに事業所有機会を公正に提供することにコミットしている。

ソース:inCruises International

▽問い合わせ先
legal@incruises.com

【 2019年04月24日 10時05分 】

企業・団体

  • 名称インクルーズ・インターナショナル(inCruises International)
    業種