京 都 新 聞 2009年(平成21年) 2月 5日 木曜日

 2009サンガ新加入選手(3) DF 染谷悠太 ・ DF 森下俊


左=染谷悠太 右=森下 俊

 サッカーJ1の京都サンガFCに今季から新たに加わった10選手を紹介する。

■DF 染谷悠太 落ち着いた配球光る

 新体制発表記者会見で座右の銘を「雨だれ石をうがつ」と答え、報道陣の関心を誘った。「努力という言葉ではなく人とは違う言い方がいいと思って」と笑う。高校時代は学年トップクラスの成績で四字熟語や格言の本を所持するなど向学心旺盛な一面も。

 大学サッカー界の強豪の流通経大では最終ラインを仕切った。昨年5月に右腕を骨折し、シーズンの大半を棒に振ったが順調に回復。サンガの練習では落ち着いた配球とクレバーな守備でアピールしている。ただ本人は「判断やプレーなどあらゆる面のスピードが違う」と大学との差を話す。

 練習後も秋田、森岡両コーチに志願し特訓を受ける。日本を代表する名DFだった2人から多くの物事を吸収しているようで「一つ一つの言葉が自分の糧になる」。

 そめや・ゆうた 流通経大から新加入。元U−16日本代表、全日本大学選抜。184センチ、74キロ。22歳。東京都出身。

■DF 森下 俊 速さと強い守備に信頼

 生粋のレフティーはユース時代を含め、7年間在籍した磐田を離れ、京都にやってきた。「トップチームの4年間はほとんど試合に出られなかったので、もう一度、一からやりたかった」と決断の理由を明かす。

 磐田では3バックの左に入ることが多く、4バックのサイドはあまり経験がないというが、加藤監督は「もともと、速さのある選手。左利きで守備も強い」と信頼を寄せる。左サイドMFで出場したサンガU−18との1月23日の練習試合でも2得点し、評価を高めた。

 目標の選手は磐田時代の先輩に当たるDF田中誠(現福岡)と鈴木秀人で「2人のように頭のいいDFになりたい」。新天地の居心地は悪くないよう。「ずっとユニホームが青だったが、早く紫に染まるようにしたい」と意欲を燃やす。

 もりした・しゅん 磐田から完全移籍。J1は4試合出場。趣味はドライブ。178センチ、70キロ。22歳。三重県出身。

line

[INDEX]