京 都 新 聞 2013年(平成25年)  2月6日 水曜日



志高く、J1へ貢献誓う DF(32)斉藤 隆成(昇格)

 豪快なドリブルと左足のキックが得意なサイドバック。サンガU−18で2年から定位置をつかみ、昨年1月のトップチームとの練習試合で対面する相手をきりきり舞いさせた。目下、大木サッカーへの適応途中。「パスを出してすぐに動く。まだ全然できません」

 中学時代はボランチだったが、サンガU−18に入ってドリブルの才能を開花させた。昨年は腰痛に悩み、5月に左のすねを骨折。手術してボルトを入れ、復帰まで8カ月かかった。「体幹トレーニングを始めた。新しい自分に出会えるのが楽しみ」と、頑丈な体づくりに取り組んでいる。

 名前の隆成は「平成の西郷隆盛に成(な)れ」との親の願いが込められている、という。U−18時代の指導者やリハビリで世話になったスタッフのためにも「1年目から試合にかかわってJ1昇格に貢献したい」。志は高い。

 【さいとう・りゅうせい】 180センチ、75キロ。大阪府出身の18歳。藤陽中(富田林市)−サンガU−18。U―15日本代表候補。


line

[サンガ特集 INDEX]