着こなし美アピール、きもの親善大使に3人 滋賀・長浜

「長浜きもの親善大使」に決まった(左から)揚田さん、鈴木さん、脇坂さん=滋賀県長浜市元浜町・曳山博物館、市提供
「長浜きもの親善大使」に決まった(左から)揚田さん、鈴木さん、脇坂さん=滋賀県長浜市元浜町・曳山博物館、市提供

 「2018長浜きもの親善大使」の選出大会がこのほど、滋賀県長浜市元浜町の曳山(ひきやま)博物館広場で開かれ、色鮮やかな振り袖姿の女性たちが着こなしの美などをアピールした。

 地元特産の浜ちりめんなどの和装振興を目的に、県呉服小売商連合会が毎年開いている。20回目の今年は、これまでの「びわ湖きものの女王」から名称を変更し、長浜市や近江八幡市などから9人がエントリーした。

 自己PRやステージ上での歩く姿などを審査した結果、揚田葵衣(あげたあおい)さん(21)=長浜市平方町、鈴木ほのかさん(20)=栗東市安養寺、脇坂明日香さん(25)=長浜市八幡中山町=の3人が大使に選ばれた。来年の1年間、長浜市を中心に県内の催しに参加する。

【2017年11月11日 15時00分】