出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

迫力満点、水しぶき豪快 滋賀・青土ダム、ドローンで撮影

滝のように水が白く流れ落ちるダムの洪水吐。小型無人機でぎりぎりまで近づくと迫力ある光景が見えた(滋賀県甲賀市土山町)=小型無人機から
滝のように水が白く流れ落ちるダムの洪水吐。小型無人機でぎりぎりまで近づくと迫力ある光景が見えた(滋賀県甲賀市土山町)=小型無人機から

 雄大なダム湖の隅にぽっかりと大きく開いた穴へ、水が流れ落ちていく。野洲川上流の山あいにある青土(おおづち)ダム(滋賀県甲賀市土山町)は、珍しい半円状の放流設備を備えている。小型無人機で慎重に近づいていく。白い水流に誘われるように、そのまま吸い込まれそうな気になった。

 青土ダムは、洪水対策と水道、工業用などの利水を兼ねた多目的ダムだ。堤の高さは43・5メートル、幅360メートルで、最大730万立方メートルを貯水できる。直径約30メートルの穴は洪水吐(こうずいばき)と呼ばれ、横並びに二つある。同ダム管理事務所によると、地形の制約や実験で丸いほうが波が立ちにくく、この形になったという。

 洪水吐まで水が達することはあまりなく、今夏に訪れたときは、越水していなかった。この日は、10月下旬の台風の影響で、水量が増していた。

 水流は繊維のようにきめ細かく波がたち、底では水が泡立っていた。期待通りの迫力ある光景があった。

【 2017年11月12日 21時30分 】

ニュース写真

  • 滝のように水が白く流れ落ちるダムの洪水吐。小型無人機でぎりぎりまで近づくと迫力ある光景が見えた(滋賀県甲賀市土山町)=小型無人機から
  • 並んで設けられた二つの洪水吐。上部の長方形の設備は、さらに水量が増したときに排出するための洪水吐だが、まだ使用されたことはないという

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      鹿児島・奄美で伝統の豊年踊り
      コミカルに稲作を表現

      20180924000132

       鹿児島県・奄美大島の瀬戸内町油井集落で24日、稲作の過程をコミカルに表現し、神に恵みを..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―8ロ(24日)
      ロッテ、六回に逆転

      20180924000128

       ロッテは0―1の六回に平沢のソロ、安田の適時二塁打、鈴木の適時打で3点を奪って逆転し、..... [ 記事へ ]

      経済

      秋の味覚、バイキングで味わって 京都新阪急ホテル

      20180924000114

       京都新阪急ホテル(京都市下京区)は、季節の味覚を楽しむ「秋を味わうバイキング」を開催し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞に水原紫苑さん「えぴすとれー」 京都・宇治

      20180924000092

       京都府宇治市は24日、第28回紫式部文学賞に歌人、水原紫苑(しおん)さん(59)=写真..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]