出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「水辺の保全を」、自然の在り方考える 滋賀・草津でシンポ

国内外で行われている湖沼や水辺の保全活動について語る登壇者たち(草津市下物町・琵琶湖博物館)
国内外で行われている湖沼や水辺の保全活動について語る登壇者たち(草津市下物町・琵琶湖博物館)

 国内外の湖沼や水辺で行われている保全活動を学ぶシンポジウムが27日、滋賀県草津市下物町の琵琶湖博物館で開かれた。1986年に設立された国際湖沼環境委員会(ILEC、草津市)の30周年記念事業の一環で、参加者約130人は持続可能な自然環境の在り方について理解を深めた。

 事例報告では、野洲市を流れる家棟川で琵琶湖の固有種ビワマスの産卵環境を再生させる活動や、フィリピン・パンディン湖で地元の女性たちがいかだ漁師として活躍し、観光事業を担っている例など6事例が発表された。

 パネル討論では事例報告者らが登壇。守山市でゲンジボタルの再生などに取り組むNPO法人「びわこ豊穣(ほうじょう)の郷」の古川道夫さんが「大量のホタルを飼育すると文献通りにいかず、自分が突破するんだという気持ちになる」と活動の原動力を語った。

 マレーシアでホタルの保全を進めるマラヤ大学のジーダ・F・モハマド教授は「私のめいは川の色が茶色と思っている」と例を挙げ、「透明な川を取り戻すためには、地域社会を巻き込んだ長期的な視点が大切」と述べた。インド・チリカ湖で漁業再生に取り組むILEC科学委員のアジット・パットナイクさんは「科学者の知識と伝統的な知恵を合わせる必要がある」と話した。

【 2018年01月28日 13時02分 】

ニュース写真

  • 国内外で行われている湖沼や水辺の保全活動について語る登壇者たち(草津市下物町・琵琶湖博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      文科相「信頼損ない深くおわび」
      前統括官の起訴受け

      20180815000104

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務を巡る接待汚職事件で、収賄罪で文部科学省の前国際..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大三8―4奈良大付
      日大三が押し切る

      20180815000121

       日大三が押し切った。一回に中村の2点二塁打で先制。その後も速球に振り負けず小刻みに加点..... [ 記事へ ]

      経済

      ガソリン150円超、12週連続
      家計に影響も

      20180815000098

       経済産業省資源エネルギー庁が15日発表した13日時点のレギュラーガソリン1リットル当た..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪快6千発の花火、夜空彩る 京都南丹市花火大会

      20180815000039

       京都南丹市花火大会が14日、同市八木町の大堰橋一帯で開かれた。昨年よりも約1千発多い約..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      放課後児童や独居高齢者の「なかよし食堂」 京都・福知山

      20180814000040

       放課後に1人で過ごす子どもや独居の高齢者らの居場所を作ろうと、京都府福知山市のNPO法..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]