出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

寒さに耐えワカサギ釣り 滋賀、余呉湖で本格化

雪景色の中、ワカサギを釣る人たち(長浜市余呉町下余呉・江土桟橋)
雪景色の中、ワカサギを釣る人たち(長浜市余呉町下余呉・江土桟橋)

 滋賀県長浜市余呉町の余呉湖でワカサギ釣りが本格化している。積雪の中、釣り客らが寒さに耐えながら楽しんでいる。

 11月下旬ごろから3月末まで湖畔にある2カ所の桟橋で楽しめる。余呉湖漁業協同組合によると、今季は体長6センチ程度とやや小ぶりが多く、年明けから800~千匹を釣った人もいるという。

 湖面の一部が積雪でシャーベット状になる中、釣り客らは辛抱強く糸を垂れた。大津市から訪れた介護施設職員八木雅彦さん(28)は「天ぷらにするのが楽しみ」と話した。

 無休。午前6時~午後5時。大人1400円、小中学生800円。同漁協0749(86)3033。

【 2018年02月06日 09時10分 】

ニュース写真

  • 雪景色の中、ワカサギを釣る人たち(長浜市余呉町下余呉・江土桟橋)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース