出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

障害者虐待、初の死亡事例 16年度滋賀県、総数は最多74件

 滋賀県内で2016年度、障害者への虐待が過去最多の74件確認されていたことが28日までに、厚生労働省の調査で明らかになった。このうち因果関係は不明だが、障害者2人が両親から虐待を受けた後に亡くなった事例も判明した。県内の死亡事例は初めて。

 障害者虐待は12年度の調査開始以来、毎年増えている。16年度は前年度より8件増え74件となり、障害者74人に対する虐待が市町によって認定された。

 このうち69件が親族ら養護者による虐待で、前年度より21件増えた。種別では「身体的虐待」が55・1%で最も多く、「心理的虐待」29・0%、「放棄・放置」21・7%、「経済的虐待」18・8%が続いた。

 虐待者は母が31・7%を占め、次いで父22・0%、兄弟姉妹20・7%だった。虐待が認められた際、市町が養護者と障害者を分離した事例は16件あった。

 残る5件は福祉施設従業員による虐待で前年度より13件減った。「心理的虐待」が3件あり、世話人や生活支援員、就労支援員らが虐待を加えていた。

 厚労省が「虐待等による死亡事例」としたのは2件。死亡した障害者は30歳代の男女各1人で、いずれも両親の虐待だった。

 1件目は精神障害のある被害者が自宅で暴れたため、両親が手足をテープで束縛。外した後に様子を見ると心肺停止となっていた。2件目は被害者に知的障害があり、自宅内で両親から行動や外出を制限された後、病院を受診して入院し間もなく病死したという。

 1件目は不起訴処分となり、2件目は県警が「事件性なし」と判断した。いずれも身体的虐待で、「ネグレクトを除く養護者の虐待による致死」と「その他(病死)」に分類された。

 県や市町が受けた相談・通報件数は前年度より9件減って179件だった。

 県障害福祉課は「死亡事例も含めて虐待の増加傾向を深刻に受け止めている。虐待を小さい芽のうちに防ぐには早期発見、早期対応が必要だ。施設や市町職員向けの研修の在り方を見直したい」としている。

【 2018年03月01日 11時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      応急手当てした人に「感謝カード」 京都・宇治の消防作成

      20180924000043

       京都府の宇治市消防本部は、救急現場に居合わせ、隊員が到着するまでに心臓マッサージや止血..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大相撲、白鵬「自分にご褒美を」
      秋場所で全勝Vと幕内千勝

      20180924000050

       大相撲秋場所で5場所ぶり41度目の優勝を果たし、前人未到の幕内千勝も達成した横綱白鵬が..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      道の駅グルメ、王者決めるグランプリ 京都で祭典始まる

      20180924000023

       全国の道の駅グルメの祭典「道-1グランプリ2018」が23日、京都府京丹後市弥栄町の道..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]