出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖の測定施設、完全撤去「不可能」 おもり湖底埋没で

高島市今津沖の琵琶湖の北湖に浮かぶ水質自動測定施設=滋賀県提供
高島市今津沖の琵琶湖の北湖に浮かぶ水質自動測定施設=滋賀県提供

 琵琶湖の水質監視のため滋賀県が3カ所に設置している水質自動測定施設の撤去について、県は7日の県議会予算特別委員会で、北湖2施設の完全な撤去は「事実上不可能」との見解を示した。水深が深く、湖上に浮かぶ施設を固定するおもりが湖底に埋没しているためで、県は漁業に支障がないよう、湖底に残すおもりを土砂や石で覆う方針だ。

 施設は南湖の大津市唐崎沖、北湖の同市南比良沖と高島市今津沖の3カ所。

 水質汚濁メカニズムの解明や水質保全施策立案のため、1990~92年に総額約9億7800万円をかけて設置したが、調査項目の増加などから2005年度から順次休止していた。

 施設の老朽化に伴い、県は18年度一般会計当初予算案に撤去費2億3250万円を計上した。アユ漁が禁漁期間となる今秋に50日程度かけて撤去する予定。

 県によると、南湖の施設は水深5メートルの湖底に柱を立てて設置しているため撤去できるが、北湖の2施設はそれぞれ水深60メートル、90メートルの湖底に約250トンのおもりで固定しており、すべてを引き揚げられる台船がないという。施設をつなぐチェーンを水深約40メートル付近で切断し、おもりは湖底に残すことにした。

 県は漁網がおもりに引っかからないよう覆いをかぶせる方向で県漁連と調整している。佐野高典県議(自民党)は「県が全部撤去するのが本来の姿。支障が出ることは避けなければいけない」と注文をつけた。

【 2018年03月07日 23時10分 】

ニュース写真

  • 高島市今津沖の琵琶湖の北湖に浮かぶ水質自動測定施設=滋賀県提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      国民民主代表選、22日に告示
      野党共闘巡り論戦へ

      20180821000171

       国民民主党は22日、代表選挙を告示する。投開票日は9月4日。玉木雄一郎共同代表(香川2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日5―10ソ(21日)
      ソフトバンクが4連勝

      20180821000208

       ソフトバンクが打ち勝って4連勝とした。一回にグラシアルの適時打と松田宣の2点打で3点を..... [ 記事へ ]

      経済

      ギリシャが債務危機終結を宣言
      チプラス首相、自主再建に意欲

      20180821000185

       【ローマ共同】ギリシャのチプラス首相は21日、債務危機に陥った同国への欧州連合(EU)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「すべての経は法華経に通ず」 大津で戸津説法始まる

      20180821000093

       天台宗(総本山・延暦寺、大津市)の高僧が5日間にわたって法華経を講説する伝統行事「戸津..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      タミフル10代投与を再開
      異常行動に注意喚起も

      20180821000131

       厚生労働省は21日、高い所からの飛び降りといった異常行動が報告されたため原則禁止として..... [ 記事へ ]