出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

災害本部解散後に台風被害判明 滋賀県、指摘受け新ルール

台風21号による波で公園部分が削られ、昔の石積が露出した琵琶湖岸(大津市和邇北浜)=滋賀県提供
台風21号による波で公園部分が削られ、昔の石積が露出した琵琶湖岸(大津市和邇北浜)=滋賀県提供

 滋賀県は5日までに、県内に大雨、洪水、暴風警報が同時発令された際、副知事を本部長に設置する県災害警戒本部の解散に関し、被害状況や応急対策を警戒本部で慎重に確認した上で本部長が判断するルールを設け、県地域防災計画に位置づけることにした。

 甚大な被害が出た昨年10月の台風21号では庁内マニュアルに基づき、台風通過後に全警報が解除され、市町の警戒本部がすべて解散されたことなどを受け、本部長が解散を判断した。

 だが、その後に各地で家屋の損壊や農業被害、油の流出事故が起きていたことが次々と判明した。被害把握が不十分な状態で警戒本部を解散したことに、県議会では「解散時期が拙速だ」との指摘が出ていた。

 このため警戒本部解散に際しても会議を開催し、関係部局が被害状況を報告した上で、本部長が最終判断することを明記した。各部の中核となる課長が務めていた本部員13人も部内全体を掌握する次長に格上げし、適切な判断が行えるよう体制を強化した。

 県防災危機管理局は「警報の解除後も県庁全体で対応を迫られる被害が生じる恐れはある。教訓を踏まえ、警戒本部解散は被害状況をしっかりと見極めた上で判断したい」としている。

【 2018年04月06日 09時21分 】

ニュース写真

  • 台風21号による波で公園部分が削られ、昔の石積が露出した琵琶湖岸(大津市和邇北浜)=滋賀県提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京都移転へ文化庁改編の政令決定
      10月1日付、観光振興を強

      20180921000067

       政府は21日、文化庁を改編する政令を閣議決定した。文化財などの分野別に分かれていた縦割..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、大谷は無安打
      田中、13勝目ならず

      20180921000058

       【オークランド共同】米大リーグは20日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はオークランドで..... [ 記事へ ]

      経済

      滋賀県内の学生比率、全国8位に後退 人材確保など懸念

      20180921000068

       人口比の学生数が全国3位と有数の「学生の街」だった滋賀県が、現在は8位に後退している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      明治期の鉄道錦絵20点展示 滋賀、露皇太子到着の様子も

      20180921000066

       明治時代の鉄道を描いた錦絵を紹介する「明治150年記念~明治鉄道錦絵展」が、滋賀県長浜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      プラごみ削減へ途上国支援
      G7閣僚合意、再利用促進

      20180921000051

       【ハリファクス(カナダ)共同】カナダ東部ハリファクスで開催中の先進7カ国(G7)環境・..... [ 記事へ ]