出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

分水嶺巡るトレイルで観光振興 滋賀・高島で協議会設立

滋賀県高島市の中央分水嶺を尾根伝いに巡る「高島トレイル」。観光振興に生かすため、関係者による「連携協議会」が発足した=滋賀県高島市提供
滋賀県高島市の中央分水嶺を尾根伝いに巡る「高島トレイル」。観光振興に生かすため、関係者による「連携協議会」が発足した=滋賀県高島市提供

 滋賀県高島市北部から西南部の山々を尾根伝いに巡るトレッキングコース「高島トレイル」を観光や地域振興に生かそうと、市と関係団体がこのほど「連携協議会」を設立した。国内外の登山客や観光客を積極的に呼び込むための環境整備と、広報宣伝の体制強化を目指す。

 高島トレイルは、同市マキノ、今津、朽木地域にまたがる中央分水嶺をつないだ約80キロで、日帰りもできるように12分割したモデルコースを設定する。登山客も増加傾向といい、2017年度には2万4400人(NPO法人・高島トレイルクラブ調べ)が訪れた。

 3月末に発足した同協議会は、同トレイルクラブや市、観光協会をはじめ、宿泊施設、観光業者、自然愛好グループなど計21団体で構成。コースの維持管理と情報発信の役割を担うほか、海外からの観光客の呼び込みに向けた取り組みも模索する。大津市の「比良比叡トレイル」に延伸、接続するコース設定も検討する。

 協議会の発足に合わせ、市は今秋にも台湾の旅行業者を対象にモデルツアーを実施し、魅力の発信に務める予定。谷口良一会長は「山登りだけでなく、市内の他の観光地や施設を巡ってもらえる体制を整え、高島全体の活性化につなげたい」としている。

【 2018年04月22日 20時10分 】

ニュース写真

  • 滋賀県高島市の中央分水嶺を尾根伝いに巡る「高島トレイル」。観光振興に生かすため、関係者による「連携協議会」が発足した=滋賀県高島市提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      福知山露店爆発、第三者委設置を否定 実行委が会見

      20180815000175

       京都府福知山市の花火大会露店爆発事故から5年を迎えた15日、地元商工会議所や市などでつ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー17歳の久保が横浜Mへ
      FC東京から期限付き移籍

      20180815000221

       2020年東京五輪で、原則23歳以下によるサッカー男子の日本代表入りが期待される逸材で..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小雨の闇夜に炎舞う 京都で「花背の松上げ」

      20180815000213

       闇夜に炎が舞う「花背の松上げ」が15日夜、京都市左京区花背八桝町で行われた。小雨が降る..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]