出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

住宅地の小川にホタル舞う 滋賀・守山

市街地の小川で光を放って飛び交うゲンジボタル(守山市今宿1丁目)=50秒露光
市街地の小川で光を放って飛び交うゲンジボタル(守山市今宿1丁目)=50秒露光

 滋賀県守山市の中心部の小川でゲンジボタルが淡い光を放って飛び交っている。市内を散策しながら観賞する「守山ほたるパーク&ウォーク」が27日まで開催中で、初夏の夜を彩る光景に道行く人たちが見入っている。

 同市今宿1丁目の住宅地を流れる吉川川では、午後8時ごろから川沿いの草むらでホタルの光が明滅する。街明かりが映り込む川の上をゆっくりと舞って光の軌跡を描くと、親子連れが歓声を上げていた。

 JR守山駅から市民運動公園を結ぶ約3キロにホタルの観賞スポットがあり、毎年、幼虫が放流されている。NPO法人びわこ豊穣の郷や地元自治会などでつくる実行委員会によると、ホタルが飛ぶのは週末にかけて活発になるという。

【 2018年05月23日 23時50分 】

ニュース写真

  • 市街地の小川で光を放って飛び交うゲンジボタル(守山市今宿1丁目)=50秒露光
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース