出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

競走馬に勝手に口籠や液体 容疑で栗東トレセン調教助手逮捕

 滋賀県警草津署は28日、威力業務妨害の疑いで、栗東市御園、日本中央競馬会栗東トレーニングセンター(同市御園)の調教助手の男(48)を逮捕した。

 逮捕容疑は、4月18日午後8時20分ごろから19日午前3時半ごろにかけて、同センターの厩舎で管理している競走馬2頭に、食事制限に使われる口籠を勝手に付けたり、馬体の一部に液体をかけたりして、馬を管理する男性(54)に競走馬の薬物検査や馬体に異常がないかを確認させ、調教業務などを遅らせた疑い。同署によると、男は「そのようなことをやった記憶がうっすらある」と曖昧な供述を繰り返しているという。

【 2018年05月29日 00時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース