出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

道路や鉄道混乱、休校も相次ぐ 滋賀の地震被害

 18日発生した大阪府北部地震で、滋賀県や県警などによると、草津市大路1丁目のマンションの階段で80代女性が転倒。頭部に軽傷を負った。JR草津駅で40代男性が転倒し、指をけがして病院に搬送された。

 大津市の志賀中はJRを利用する生徒約200人が登校できず、臨時休校とした。同市の54小中学校は午後から休校、市立の33幼稚園と14保育園も休園する。

 大津署によると、京阪京津線と石山坂本線の一部で、踏切の遮断機が下がったままになり、同市逢坂1丁目の国道161号など各地で渋滞が発生した。

 近江鉄道と信楽高原鉄道は全線で運行を見合わせたが、午前10時までに運転を再開した。

 大津市によると、市ガスの安全装置が作動し市南部の約100軒で供給が止まった。その後、大半が復旧した。

【 2018年06月18日 11時43分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース